sugaharaの最近のブログ記事

 CAS冷凍が今、熱い注目を集めています。CAS開発は株式会社アピーというところが特許を取得しています。これは磁気を冷凍庫にはじめて利用した簡単なシステムです。

 磁気の利用は今まで水道水を改質するかなり効果的なテクノロジーとして2、30年前から日本でも相当広く一般家庭でも利用しています。水道管の大本につけたものでは、水のクラスターが小さくなり、そうした水は洗濯しても洗剤が少なかったり、また、お風呂に湯垢がつかなかったり、非常に磁気が水の改質に便利なものとしてすでに認知されているものです。

 サマータイムを導入するかどうかが、最近問題になっています。アメリカでは3月の第二日曜日から11月の第一日曜日までヨーロッパでは3月の最終日曜日から10月の最終日曜日までがサマータイムです。OECD加盟国でこれを採用していないのは日本、韓国、アイスランドの三カ国だけだそうで、今国会でもこの提案は見送られましたが、今後は近いうちに実行される可能性もでてきます。

 アメリカで未婚の女性達が非常に結婚しにくい状況に陥っているというレポートがあります。実際、独身女性の数は1970年代に3000万人だったのが今では約2倍近い5500万人(2005年)に増えています。

 戦前の日本の教育では、座る時も立っている時も正姿勢か、休めの姿勢かどちらかしかありませんでした。いずれにしても姿勢が悪いことは最大の悪徳、悪習慣として嫌われていたので公衆の中ではいつでも姿勢が正しいことは小さな子供のうちから家族の中で学校で鍛えられていました。たとえば、"道"のつくような運動、剣道、柔道などの姿勢を問われ、また踊りや鼓、お茶屋の華なども挨拶と同時に姿勢は必ず厳しく鍛えられ、それ故に基礎代謝の高い体になったといえます。

 基礎代謝という言葉はなんとなくわかりにくいですね。しかし、一方では基礎代謝が下がるというのは今では常識的に使われる言葉になりつつあります。寝ている間も24時間燃えてなくなっていくカロリー、もしくは熱量といえばよいでしょう。

 築地にある中央卸売市場の豊洲地区への移転に関しては、土壌汚染が深刻なことから反対意見が多数を占めています。もともと豊洲新市場の場所は東京ガスの私有地だった場所で、そこではベンゼンが環境基準の1500倍、シアンが490倍、ヒ素が49倍、水銀が25倍というふうに高い濃度が検出されています。地下水も同じく、高い濃度の検出があり、これをどのように処理してきれいな場所にするかということが大変な問題になっています。

植物の不思議

| コメント(0) | トラックバック(0)

 植物の仕事として光合成によって二酸化炭素からデンプンを作る。というしくみに関しては、多分小学校の頃からくりかえし理科の授業で教わってきているはずです。しかし、この二酸化炭素からデンプンを作る作業というのは、植物にしかできない崇高な仕事と考えることができるでしょう。

 鬱病の原因は十分に解明されていませんが、肉体と精神のストレスをやわらげて脳内の不安をとりのぞくには、セロトニンが増えることによってその効果が達成されるというのが定説になりつつあります。そして、このセロトニンですが、不眠の関係で不足する傾向があります。日中の活動と夜の活動のリズムを狂わせるとセロトニンが減り、さらにストレスが増加することによっても減っていきます。したがって、一番簡単な予防方法は昼間太陽に当たってメラトニンを合成し、それが一部セロトニンに変わることを期待することです。

 コレステロールが高いとメタボリックシンドロームをはじめ、死亡率が高くなり、危険だというのは常識になりつつあります。一方でコレステロールが低すぎるとやはり問題だ。という調査が富山大学の浜崎智仁教授の研究であきらかにされました。これは以前からも各国で報告されていることですが、改めてそれを裏付けるデータが17万人の疫学データからとれたということは画期的なことです。

 スターバックスがアメリカに進出し、世界に広まったことで一体何が変わったのかを考えてみると、いくつかの要素が浮かび上がってきます。現在、スターバックスで売られているコーヒーはショートサイズで3ドル、トールサイズで5、6ドル.....。これだけでも昔では考えられないほど高い支出をアメリカ人がコーヒーに払うようになったことがわかります。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちsugaharaカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはnewsReportです。

次のカテゴリはwatanabeです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。