haru-レシピ検索詳細表示
  いかとわかめの梅和え   73 kcal


いかには、血中コレステロール値の上昇を抑制してくれるアミノ酸の一種、タウリンが他の魚介類の2??3倍も含まれているので、動脈硬化や高脂血症といった成人病予防に効果があります。梅干しの酸味が食欲を増進させ、消化を助けます。ちょっとした箸休めにどうぞ。
カルシウム,ビタミンB群
 
いか 60グラム
みょうが 1個
みりん 小サジ1
乾燥ワカメ 2グラム
醤油 少々
梅干し 1個
1. いかは皮をむき、かのこもように切り込みをいれ、ゆでておく。
2. ワカメは水に漬け、もどしておく。
3. みょうがは千切りにする。
4. 梅干しは種を取り包丁でたたき、みりん、醤油少々を加えまぜ、のばす。
5. 1.のいか、水を切ったワカメ、3.のみょうがを4.の梅衣で和える。
     
 いかは皮をむいて、調理すると、食べやすい。1.胴に指をいれ、足の付け根をはずして、内蔵と足を抜き取る。2.えんぺらと胴の間に指をいれ、えんぺらをはぎ、その下の薄皮もむく。3.軟骨部分に包丁をいれ、切り開く。少し難しいけど、出来るようになると、とても便利。内蔵も味噌とあわせて、炒めものに使ったり、新鮮なものは、塩辛にもできる。