菅原明子の考えるペンペン草の最近のブログ記事

義理チョコ

| コメント(0) | トラックバック(0)

花粉の季節はバレンタインの季節と重なり、老いも若きも街中チョコだらけ、そしてわが家の子供2人と夫のところにもチョコがあつまり、その後しばらくは、すき嫌いを問わず、このチョコを毎日せっせと食べる日が約1カ月続く。そしてこのチョコを食べる行為が残念ながら、花粉症をひどくする、炎症性物質のロイコトルエンを体内で増加させることになる。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち菅原明子の考えるペンペン草カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは生活サイエンスです。

次のカテゴリは菅原研究所 学術論文です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。