haru.

パリパリ大学芋

パリパリとしたアメ衣と、さつまいもの柔らかさが後を引くおいしさ。

さつまいもはアンチエイジングの栄養素、ビタミンCやカロテン、食物繊維が豊富です。

カロテンは油と一緒に摂ると吸収率が良くなります。

材料4人分

さつまいも11/2本 サラダ油小さじ1 三温糖60g 水あめ大さじ2 酢小さじ1/2

しょうゆ小さじ1/2 バット用サラダ油適量 揚げ油適量

作り方

下準備・・バットにサラダ油を薄く塗る。

1さつまいもは良く洗い、皮のまま細長い乱切りにし、水にさらす。

ざるにあげ、ペーパータオルなどでよく水気をふく。

2揚げ油を中温に熱し(170-180度)さつまいもを入れて、すっと竹串が通るくらいまで

3-4分揚げる。

3フライパンにサラダ油をひいて弱火にかけ、三温糖、水あめ、酢、しょうゆ、水大さじ1を

入れる。ふつふつと煮立って泡が小さくなったら、さつまいもを加えてからめる。

バットに広げあめが固まるまで冷ます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/1522

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)