2009年11月アーカイブ

パタタブラバ

| コメント(0) | トラックバック(0)

スペインの定番おつまみで「怒ったポテト」という意味。
いつものポテトフライもピリからソースで目先を変えて。

材料2人分
じゃがいも2個 
トマトソース
にんにく1/2かけ 玉葱1/4個 赤唐辛子1/2本 サラダ油小さじ1 
ホールトマト缶詰1/2缶 塩小さじ1/4
揚げ油適量 パセリ少々

作り方
1じゃがいもは皮のままくし形切りにし、水にさらす。にんにく、玉葱はみじん切りにする。
赤唐辛子はへたと種をとり、湯につけて柔らかくしてからみじん切りにする。
パセリはみじん切りにする。
2フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、にんにく、赤唐辛子、玉葱を炒める。
にんにくの香りが出たら、ホールトマトを缶汁ごと加えて、木ベラでつぶし、塩を加え、
ときどき混ぜながら汁気が少なくなるまで2~3分煮る。
3じゃがいもの水気をよくきり、ペーパータオルなどでしっかりと拭く。
揚げ油を中温に熱し、じゃがいもを入れて3分ほど揚げ、油をきる。
4器に盛り、トマトソースをかけ、パセリのみじん切りを散らす。

坦々麺

| コメント(0) | トラックバック(0)

市販のしょうゆラーメンを利用して手軽に作りました。
後から辛さが追いかけてくる、その感じがやみつきに。

材料2人分
しょうゆラーメン(生 スープつき)2人分 青梗菜1株 
肉味噌
豚挽き肉150g しょうが1/2かけ にんにく1/2かけ ザーサイ20g ねぎ10センチ長さ
豆板醤小さじ2 テンメンジャン大さじ1 白練りゴマ大さじ1
好みでカシューナッツ適量

作り方
1青梗菜は縦に6等分し、たっぷりの湯でゆでてざるに上げ、水気をきる。
しょうがは皮をむき、にんにく、ザーサイ、ねぎとともにみじん切りにする。
ねぎは薬味用に少々取り分けておく。
2フライパンを中火で熱し、ひき肉、豆板醤、しょうが、にんにくをさっと炒める。
ザーサイ、ねぎ、テンメンジャン、練りゴマを加えて混ぜる。
3鍋にしょうゆラーメンのスープを薄めに作る。肉味噌の半分量を加えて混ぜる。
4鍋にたっぷりの湯をわかしてラーメンを表示時間通りにゆでる。ざるにあげて
水気を切り、器に入れる。スープを注ぎ、青梗菜、残りの肉味噌をのせ、
薬味のねぎをふりかける。
好みで粗く刻んだカシューナッツを添える。

辛い、甘い、すっぱい いろいろな味がするタイのサラダです。
食べる直前に和えると水っぽくなりません。

材料2人分
牛もも薄切り肉100g 玉葱1/4個 トマト1個 きゅうり1本 香菜2本
ドレッシング
ナンプラー大さじ11/2 砂糖大さじ1 レモンの絞り汁大さじ2 赤唐辛子2本

作り方
1牛肉はたっぷりの熱湯でさっと茹で、ざるにあげて水気をきっておく。
玉葱は薄切りにし、水にさらしてからざるに上げる。
トマトはくし形きりにする。きゅうりは縦半分に切ってから薄切りにする。
香菜は2センチ長さに切る。
2ボウルにドレッシングの材料を混ぜ合わせる。
牛肉を加えてひと混ぜし、野菜を加えて軽く混ぜる。
器に盛り、香菜を散らす。

柔らかく蒸しあがった魚が、香りの強い薬味やたれに良く合います。
肌にも体にも元気を与えてくれる一品です。

材料2人分
白身魚の切り身2切れ 下味 塩少々 酒大さじ2
キャベツ4枚 香菜6本 大葉6枚
たれ 
赤唐辛子1本 酢大さじ4 砂糖大さじ1 ナンプラー大さじ1

作り方
1白身魚は塩をふり、耐熱皿にのせ、酒をふりかける。
蒸し器の上段にいれ、蒸気が十分にあがったら下段に重ね、ふたをして中火で10分蒸す。
2キャベツは芯を取り、たっぷりの熱湯でさっとゆでざるにあげて冷まし、1枚を4等分する。
香菜は食べやすい長さに切る。大葉は軸を切り落とす。
赤唐辛子はへたと種をとり、輪切りにする。
3鍋に赤唐辛子、酢、砂糖を入れて中火にかけ、ひと煮立ちしたら火からおろし、
ナンプラーを加え、冷ましておく。
4器に白身魚と野菜を盛り、たれを添える。
キャベツに白身魚、大葉、香菜をのせて巻き、たれをつけていただく。

おなじみの料理ですが、唐辛子が入ると、とたんにエスニック風になります。
青唐辛子でも、もちろんOKです。

材料2人分
卵3個 しし唐2本 玉葱1/4個 トマト1/2個 塩少々 こしょう少々 サラダ油大さじ2

作り方
1しし唐はへたを取ってみじん切りに、玉葱、トマトは粗みじん切りにする。
ボウルに卵を割りほぐし、塩、こしょうを加えて良く混ぜる。
2フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、しし唐、玉葱、トマトを炒め、卵液を流し入れて、
さっくりと混ぜる。

トマトソースが染みて、もっちりとした食感が絶品。
本場メキシコではラードにくぐらせたトルティーヤを使います。

材料2人分
トルティーヤ4枚 鶏胸肉180g 
トマトソース
青唐辛子1本 ホールトマト缶詰1/2缶 玉葱1/2個 にんにく1/2かけ 
コンソメの素1/2個 塩少々 こしょう少々 ピザ用チーズ30g

作り方
1鶏肉は耐熱容器に入れ、水大さじ2をふり、ラップをかけて電子レンジで2分、
裏返して2分加熱する。
粗熱が取れたら皮をとりのぞき、細かく裂く。青唐辛子はへたを取る。
オーブンを180度に温めはじめる。
2ミキサーにトマトソースの材料を入れ、全体がなめらかになるまで撹拌する。
鍋に入れて中火で熱し、洋風スープの素、塩、胡椒を加え、味を整える。
3トルティーヤに鶏肉をのせて3つ折にし、とじめを下にして耐熱皿に並べる。
4トマトソースをかけて、チーズをのせ、180度のオーブンで10分焼く。

チリビーンズ

| コメント(0) | トラックバック(0)

本場ではキドニービーンズを使いますが、大豆やヒヨコマメでもOK
パンやタコス、ごはんと一緒に召し上がれ

材料4人分
キドニービーンズ缶詰1缶 牛ひき肉200g にんにく2かけ 玉葱1個 赤唐辛子2本
サラダ油大さじ1 ホールトマト缶詰1缶 チリパウダー大さじ1 塩小さじ1

作り方
1にんにく、玉葱はみじん切りにする。赤唐辛子はへたと種を取り、輪切りにする。
2鍋にサラダ油を入れて中火で熱し、にんにく、赤唐辛子を炒める。
にんにくの香りが出たら、玉葱、ひき肉を加え、ひき肉の色が変わったら、
ホールトマトを缶汁ごと加え、ひき肉の色が変わったら、
ホールトマトを缶汁ごと加えてふたをし、ときどきまぜながら15分ほど煮る。
塩を加え、味を整える。

しょうがの働きで胃がすっきりとするので、お腹が重く感じるときにおすすめ。
見た目にもきれいな一品です。

材料2人分
白菜1/8株 豚もも薄切り肉150g しょうが1/2かけ だし汁2カップ 黒胡椒(粒)10粒
塩小さじ1/2 酒小さじ2

作り方
1しょうがは皮をむき、千切りにする。白菜の葉の間に豚肉を1~2枚ずつはさむ。
2鍋に入れ、だし汁を注いで中火にかけ、黒胡椒、しょうが、塩、酒を加え、ふたをして15分煮る。
3食べやすい大きさに切って器に盛り、スープを注ぐ。

少々面倒ですが、ひげと根をとったもやしは独特の臭みが抜けて
高級食材にもひけをとらない味わいになります。

材料2人分
もやし1/2袋 豚もも薄切り肉120g 酒大さじ1/2 サラダ油大さじ1/2 塩小さじ1/2
粗引き胡椒小さじ1/4

作り方
1もやしは根とひげを取る。豚肉は1cm幅に切り、酒をもみこむ。
2フライパンにサラダ油を入れて、中火で熱し、豚肉を炒め、色が変わってきたら強火にして、
もやし、塩、黒胡椒を加え、もやしが透き通るまで炒める。

山椒ソースは清潔な密閉容器に入れて冷蔵庫で保存すれば、2週間ほど持ちます。
温野菜や蒸した魚にもよく合います。

材料2人分
豚もも薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)180g 青梗菜2株 絹ごし豆腐1/2丁
山椒ソース
万能ねぎ5本 しょうが2かけ にんにく2かけ ピーナッツ大さじ11/2 しょうゆ1/3カップ
砂糖大さじ11/2 酢大さじ11/2 ごま油大さじ11/2 ラー油大さじ11/2 白いりごま大さじ1
山椒小さじ1

作り方
1豚肉はたっぷりの熱湯でゆでて、ざるに上げておく。
青梗菜は縦4等分にし、たっぷりの熱湯で柔らかくなるまでゆで、水洗いしてから、
ざるにあげておく。豆腐は食べやすい大きさに切る。
2万能ねぎは小口切りにする。しょうがは皮をむき、にんにくとともにみじん切りにする。
ピーナッツは粗く刻む。ボウルに山椒ソースの材料を混ぜる。
3豚肉、青梗菜、豆腐を器に盛り、たれをかける。

カレーうどん

| コメント(0) | トラックバック(0)

風味豊かなカレーうどんの出来上がり。
カレーの香辛料、片栗粉の効果で体がぽかぽかと温まり、代謝がアップします。

材料2人分
うどん2玉 玉葱1/2個 にんじん1/4本 長ネギ1/2本 豚もも薄切り肉150g だし汁3カップ
しょうゆ大さじ2 みりん大さじ2 カレー粉大さじ1
水溶き片栗粉 片栗粉大さじ2 水大さじ4 好みで七味唐辛子少々

作り方
1玉葱は薄切りにする。にんじんは皮をむき、薄いいちょう切りにする。長ネギは斜め薄切りにする。
豚肉は3センチ幅に切る。器に水溶き片栗粉の材料を混ぜる。
2鍋にだし汁、玉葱、人参を入れて中火にかけ、沸騰したら豚肉、しょうゆ、みりん、
カレー粉を加え、ふたをして玉葱が透き通るまで煮る。
3別の鍋にたっぷりの湯をわかし、うどんを袋の表示時間通りにゆでる。
ざるに上げて水気をきる。
4だし汁の鍋を再び中火にかけ、水溶き片栗粉を再び混ぜてから回しいれ、
全体を混ぜてとろみがついたらうどんを入れる。
器に盛り、ねぎをのせ、好みで七味唐辛子をかける。

香りのすがすがしい混ぜごはんです。
いなり寿司に詰めたり、錦糸玉子をのせたりしてもきれい、
おもてなしに最適です。

材料2人分
米1合 新しょうが2かけ 
甘酢
酢大さじ21/2 砂糖大さじ11/2 塩小さじ1/2
大葉5枚 白いりごま大さじ1 刺身(あじなど)120g
好みでしょうがのすりおろし適量

作り方
1米は洗ってざるにあげ、水気をきる。
炊飯器に入れ、炊飯器の目盛りよりやや少な目の水を加えて20~40分おく。
普通に炊く。
2しょうがは皮をむき、薄切りにする。ボウルに甘酢の材料を混ぜる。
しょうがをたっぷりの湯でさっとゆでて、粗熱がとれたら5ミリ幅に切り、甘酢の中にもどす。
大葉は千切りにする。
3ごはんが炊き上がったら、熱いうちにしょうがを甘酢ごと回しいれ、しゃもじでごはんを切るように
よく混ぜる。
4ごはんが冷めたら、大葉、白ゴマを加え、さっくりと混ぜる。器に盛り、刺身をのせ、好みで
しょうがのすりおろしなどをのせる。

ニョッキ

| コメント(0) | トラックバック(0)

もちもちとしたニョッキは、手作りだから味わえるおいしさ。
イタリアでは木曜日に食べるものだそうです。

材料2人分
じゃがいも150g 強力粉100g 卵1個 塩小さじ1/2 赤唐辛子1本
にんにく1かけ トマト2個 モッツアレラチーズ1/2個 オリーブオイル大さじ4
塩小さじ1/2 ナツメグ小さじ1/4 バジルの葉6枚

作り方
1じゃがいもは皮をむき、乱切りにする。たっぷりの湯で柔らかくなるまでゆで、ざるに上げ、
水気をきる。ボウルに入れ、マッシャーなどでつぶしておく。
2じゃがいもの粗熱がとれたら、強力粉、卵、塩を加え、全体がひとまとまりになり、
耳たぶくらいの堅さになるまで手でよく混ぜる。
3打ち粉をした台にのせ、半分に切り分ける。それぞれ直径2センチほどの
棒状に丸め、3センチ長さに切る。フォークで押すようにして筋をつける。
4赤唐辛子はへたと種を取り、輪切りにする。にんにくは薄切りにする。
トマトはへたをとり、乱切りにする。モッツアレラチーズは1cm角に切る。
5フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子を入れて弱火にかけ、
にんにくの香りが出たら、トマト、塩を加えて中火にし、トマトがとろりとなるまで
5分ほど煮る。
6鍋にたっぷりの湯をわかし、ニョッキを入れ、浮き上がってきてから、2分ほどゆでる。
ざるにあげて水気を切り、フライパンに入れる。
7フライパンを再び中火で熱し、モッツアレラチーズ、ナツメグ、バジルの葉をちぎりながら
加えて混ぜ、ソースをからめる。

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。