haru.

ジャンバラヤ

アメリカ風炊き込みご飯。
移民の歴史と文化が育てた料理のひとつで
いろいろな国籍の食材が入っています。

材料4人分
米2合 鶏もも肉200g ソーセージ4本 にんにく1かけ セロリ1/2本 玉葱1個 ピーマン1個
赤ピーマン1/2個 赤唐辛子1本 サラダ油大さじ1 ホールトマト缶詰1/2缶 パプリカ小さじ1
コンソメの素1個 塩小さじ1 こしょう少々

作り方
1米はあらい、ざるにあげておく。鶏肉は1cm角に切る。
ソーセージは5ミリ幅の輪切りにする。にんにく、セロリ、玉葱はみじん切りに、
ピーマン、赤ピーマンはへたと種を取り、粗みじん切りにする。
赤唐辛子はへたと種をとり、湯につけて柔らかくしてから、みじん切りにする。
2鍋にサラダ油を入れて、中火で熱し、にんにく、鶏肉、ソーセージを炒める。
鶏肉の表面が白くなったら、セロリ、玉葱を加える。
玉葱が透き通ってきたら、米、ピーマン、赤ピーマンを加え、米全体に油が回って
透き通ってくるまで炒める。
3炊飯器に入れ、ホールトマトをつぶしながら缶汁ごと加える。
水1カップ、赤唐辛子、パプリカ、コンソメの素、塩、こしょうを加えてひとまぜし、
普通に炊く。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/1178

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)