haru.

揚げごま団子

中華菓子としておなじみのごま団子が家庭でも作れます。
ごまのセサミノールの働きで動脈硬化や脳血管障害の原因となる
悪玉コレステロールが出来るのを防ぎ、しなやかな血管を保ちます。
作るときのコツは、低温の油でじっくりと揚げること。
きれいな丸いごま団子になります。

材料12個分
白玉粉100g 三温糖大さじ1 サラダ油大さじ1/2 ゆで小豆60g 黒すりごま大さじ1
白いりごま60g 揚げ油適量

作り方
1ボールに白玉粉、三温糖を入れて手でひと混ぜし、
水1/2カップを少しずつ加えながらこねていく。
サラダ油を加え、なめらかになったら12等分して丸める。
2ごまあんを作る。器にゆであずきと黒ゴマを入れて混ぜ、耐熱皿に広げ、ラップをしないで
レンジで2分加熱する。ひと混ぜし、粗熱をとる。
3生地を手のひらで薄く伸ばす。中央にゴマ餡をのせて包んで丸め、団子を作る。
白ゴマをまぶし、軽く押すようにしてなじませる。
4揚げ油をごく低温に熱し、団子をいれときどき混ぜながら5分揚げる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/1152

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)