haru.

香港風フィッシュボール入り粥

生姜をピリッと利かせた手作り魚団子が極上の調味料に。
香港でいう「米の花が咲く」とはまさにこのこと。

材料2人分
米1/2カップ 魚のすりみ100g しょうが1かけ 塩少々 酒小さじ1 香菜適宜
 
作り方
1鍋に米と水3カップを入れて弱火で30分ほど煮る。
途中で水がすくなくなってきたら水を足す。
2魚のすり身にすりおろしたしょうがを加えてよく混ぜ、ひと口大に丸めて鍋に入れる。
塩、酒も加えて5分ほど煮る。
3器に盛り、刻んだ香菜をのせる。

香港といえば朝がゆですが、近頃は夜中にお粥を食べるのが通の間で人気とか。
確かにこの一品も夜食やお酒のあとにもおすすめです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/1146

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)