haru.

鮭のふくさ焼き

いつもの食材にほんのひと手間加えて、よそいき顔のごちそうに。
甘辛たれとも相性ぴったりです。

材料2人分
ごはん茶碗1杯 生鮭2切れ 塩少々 さやいんげん5,6本 
いり卵
卵1個 塩小さじ1/2 砂糖小さじ1 酒大さじ2 しょうゆ大さじ2 みりん大さじ1

作り方
1生鮭は皮と骨をとり、厚さを2等分し、塩少々をふる。
さやいんげんは筋をとり、長さ5ミリに切って、さっとゆでる。
2卵をわりほぐし、塩、砂糖を加えて鍋に入れ、菜ばしでかき混ぜながら半熟状の
いり卵を作る。
3ごはんにいんげん、いり卵を混ぜる。
4鮭1枚に具を混ぜたごはんを1/4量のせて、端からくるくると巻く。
残りも同様に巻く。
5巻き終わりを下にしてフライパンに並べ、酒を全体にふりかけ、
ふたをして弱火で10分蒸し焼きにする。
6しょうゆとみりんをまわしかけ、全体に照りをつける。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/1141

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)