haru.

いなり寿司2種類

大葉とごま、甘酢しょうがの彩で、華やかさはもちろん血液サラサラ効果もプラス。

材料2人分
ごはん茶碗2杯強 
合わせ酢
酢大さじ3 砂糖大さじ1 塩小さじ1/3
油揚げ4枚
だし汁1カップ 砂糖大さじ2 しょうゆ大さじ2 大葉2枚 白ゴマ小さじ1 甘酢しょうが20g

作り方
1炊き立てのごはんに合わせ酢をまわしかけ、切るようにさっと混ぜて冷ましておく。
2油揚げを半分に切って菜ばしを置き、前後に力を入れてころがす。切り口を開いて袋状にし
半分は裏返す。
たっぷりの湯の中に通し、ざるにあげて水気をしぼる。
3鍋に油揚げを重ねて入れ、だし汁、砂糖、しょうゆを加えて、ふたをして20分ほど煮含める。
4寿司飯を2等分し、ひとつには千切りにした大葉と白ゴマを加えて、さっくりと混ぜる。
もうひとつには水気をしぼって千切りにした甘酢しょうがを混ぜ合わせる。
5それぞれの寿司飯を4等分し、かるくにぎって油揚げにつめる。
6口を折り曲げてとじる。口をとじずに中身を見せるように皿にのせても良い。

油揚げを煮る時間がないときは、いなり寿司用に加工されたものを
買うのも良いでしょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/1138

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)