haru.

金時豆と白玉のぜんざい

豆と白玉団子をシロップに浮かべたすっきりとした甘さのぜんざい。
温かいままでも、冷たくしてもOK.食べるときにピーナッツを散らしてアクセントに。

材料4人分
ヒヨコマメの水煮40g 金時豆の甘煮170g 白玉粉50g 砂糖大さじ1 ピーナッツ20g

作り方
1ヒヨコマメはざるにあげて水気をきる。
ピーナッツはポリ袋に入れ、麺棒などでたたいて粗く砕く。
2ボールに白玉粉をいれ、水1/4カップを少しずつ加えながら、手で耳たぶくらいの堅さに
なるまでこねて、直径1.5センチほどの大きさに丸める。鍋に湯を沸かし、白玉だんごを入れて、
強火でゆで、浮き上がったらすぐに冷水にとる。
3鍋に金時豆をシロップごと入れ、ヒヨコマメ、水1カップ、砂糖を加えて中火で5分煮る。
白玉団子を加えて再び沸騰するまで煮る。
4器に等分に盛り、ピーナッツを等分に散らす。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/1122

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)