haru.

ラタトウイユかけご飯

かぼちゃの甘味とトマトの酸味がとけあう南フランスの家庭料理は、
緑黄色野菜のビタミンを一度にたっぷりいただけます。

材料2人分
ご飯茶碗2杯 玉葱1/2個 なす1本 かぼちゃ100g パプリカ1個
さやインゲン60g にんにく1/2かけ オリーブオイル大さじ1/2 白ワイン1/4カップ
トマト水煮缶1缶(400g) ローリエ1枚 塩小さじ1/2 こしょう少々

作り方
1玉葱は乱切りに、なすは皮付きのまま幅2センチの輪切りにする。
2鍋にオリーブオイルを熱し、にんにくを炒める。玉葱、なす、かぼちゃを加え、
全体がしんなりしたらワインを加える。
3ワインが沸騰したら水1カップとトマトの水煮缶、パプリカ、さやいんげん、ローリエを加え、
15分ほど煮る。
4塩、こしょうで味をととのえて、汁気が多ければ強火にして汁気をとばす。
5ごはんにかける。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/1110

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)