haru.

じゃがいもの煮物

煮干のだし、甘辛いコチュジャンがしみこんだ韓国版お惣菜。
ビタミンCがたっぷりまかなえるじゃがいもと、さらに、
煮干に豊富なカルシウムが気持ちを
落ち着かせます。

材料4人分
じゃがいも4個 万能ねぎ少々 赤唐辛子1/2本 煮干小さいもの40g 白いりごま小さじ1
あわせ調味料
おろしにんにく1かけ分 しょうゆ大さじ2 みりん大さじ1 砂糖大さじ1 コチュジャン大さじ1/2
ごま油大さじ1/2 サラダ油大さじ1/2

作り方
1じゃがいもは一口大に切って洗い、水気をきる。万能ねぎは小口切りにし、
赤唐辛子は種を除いて、小口切りにする。合わせ調味料の材料は混ぜ合わせておく。
2鍋にごま油とサラダ油を熱し、赤唐辛子、じゃがいもも入れて炒める。
じゃがいもの表面が透き通ってきたら、煮干を加えてさっと混ぜ、水1/2カップと、
あわせ調味料を
加え、じゃがいもに火が通るまで煮絡める。
3器に盛り、万能ねぎ、ごまをふる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/1070

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)