haru.

白いんげん豆のミネストローネ

野菜と白いんげん豆がたっぷりで、体に嬉しいスープ。
炒めてから煮るので、こくのあるおいしさに仕上がります。

材料2人分
白いんげん豆の水煮200g にんにく1かけ ベーコン2枚 玉葱1/2個 にんじん1/2本
セロリ1/2本 ほうれん草1/4わ オリーブオイル大さじ1 コンソメの素1/2個
ローリエ1枚 塩コショウ少々 粉チーズ適量

つくり方
1白いんげん豆はざるにあげて水気をきる。にんにくは横に薄切りにする。
ベーコンは幅2センチに切る。玉葱は1cm角に切る。にんじんは皮をむいて、縦4等分に
切り、厚さ3ミリに切る。セロリの茎は筋をとって、2センチ角に切る。
葉は煮込みように少しとっておく。ほうれん草は根元を切り落とし、長さ3センチに切る。
たっぷりの熱湯でさっとゆでてざるに上げ、流水で冷まし、水気をしぼる。
2鍋にオリーブオイルを入れて、中火で熱し、にんにく、ベーコンを炒める。
玉葱、にんじん、セロリの茎を加え、全体に油が回るまで炒める。
3水4カップ、コンソメの素、ローリエ、セロリの葉をくわえる。沸騰したらふたをして
弱火で15分煮る。セロリの葉を取り出してアクをとり、塩コショウをして、ほうれん草、
白いんげん豆を加えて3分煮る。器に盛り、好みで粉チーズをかける。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/1061

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)