haru.

サムゲタン

韓国には専門店もあるという、韓方の薬食同源を代表する煮込み料理。
本来は若鶏に高麗にんじんなどを詰めますが、手軽なバージョンをご紹介。

材料4人分
鶏手羽元8本 にんにく2かけ ぎんなん水煮16個 なつめ4個 くこの実大さじ1 もち米1カップ
塩こしょう適量

作り方
1もち米は洗い、たっぷりの水に約1時間つける。
2土鍋に水8カップと手羽元、水をきったもち米、にんにく、ぎんなん、なつめ、くこの実を入れて
ふたをし、弱火にかけて約1時間煮る。時々全体を混ぜ、水分が少なくなったら湯を足す。
3器に盛り、塩コショウをふって食べる。

なつめ・・なつめの実を乾燥させたもので、プルーんよりさらに鉄分やカルシウム、カリウム、
食物繊維が多い優良食品です。昔から韓方薬の材料としても使われてきました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/1031

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)