2009年4月アーカイブ

オリーブとアンチョビーをアクセントにしたギリシャ風サラダ。
練辛子の辛味がきいて、ワインやビールのおつまみにもおすすめ。

材料2人分
ミックスビーンズの水煮100g パプリカ赤1/4個 
ドレッシング
アンチョビーフィレ2枚 オリーブオイル大さじ2 練辛子小さじ2 こしょう少々
黒オリーブ50g パセリのみじん切り適量

1ミックスビーンズはざるにあげて水気をきる。
2パプリカはへたと種をとり、熱湯で1分ゆでて流水で冷まし、皮をむく。
長さを2.3等分して縦に幅5ミリに切る。
3アンチョビーはみじん切りにする。ボールにドレッシングの材料を混ぜる。
4ドレッシングのボールにミックスビーンズ、パプリカ、黒オリーブ、パセリのみじん切りを加え、
さっと混ぜる。

ビビンパッ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ビビンは「混ぜる」パッは「ごはん」
よく混ぜて召し上がれ。

材料4人分
牛そぼろ
牛ひき肉200g おろしにんにく1/2かけ分 おろししょうが1/2かけ分
 白すりごま大さじ1 しょうゆ大さじ2 砂糖大さじ1 ごま油大さじ1/2

卵黄4個 ほうれん草1束 もやし200g にんじん1/2本 

あわせ調味料
おろしにんにく1/2かけ分 白すりごま大さじ2 ごま油大さじ2 しょうゆ大さじ2
塩コショウ各少々
糸唐辛子適量 ごはん茶碗4杯

作り方
1鍋に牛そぼろの材料を入れてひにかけ、箸で混ぜながら肉に火が通るまで炒りつける。
2ほうれん草は5センチ長さに切り、ほうれん草ともやしはそれぞれ熱湯でゆでて水にとり、
水気をしぼる。にんじんは4-5センチの長さの千切りにし、熱湯でゆでる。
3あわせ調味料1の材料は混ぜ合わせ、ほうれん草ともやしに半分量ずつ
くわえて混ぜ合わせて和える。
4器にごはんを盛り、1と3、卵黄をのせ、糸唐辛子を添える。

チャプチェ

| コメント(0) | トラックバック(0)

プルプルとした韓国春雨と野菜、肉の食感の違いが絶妙なハーモニー。
ヘルシーな軽食としてもおすすめ。

材料4人分
牛もも肉薄切り120g しょうゆ大さじ2 ごま油大さじ1 砂糖大さじ1
韓国春雨100g きくらげ12枚 にんじん1/2本 きゅうり1本 パプリカ1/2個
生しいたけ4枚 ごま油大さじ3 塩コショウ各少々 しょうゆ大さじ1 砂糖大さじ1

作り方
1春雨はたっぷりの湯で10分ゆで、水で洗って10-15センチ長さに切る。
2きくらげは水につけてもどし、石づきをのぞく。にんじん、きゅうりは5センチ長さの千切りにし、
パプリカは縦に細切りにして長さを半分に切る。しいたけは石づきをのぞいて薄切りにする。
牛肉は細切りにして、下味の材料をもみこむ。
3フライパンにごま油大さじ1を熱し、にんじん、パプリカ、きゅうりの順に加えながら炒め、
塩コショウをふり、取り出しておく。
43のフライパンにごま油大さじ1を足し、きくらげ、しいたけ、牛肉を炒める。
肉に火が通ったら取り出しておく。
54のフライパンに春雨を入れて、しょうゆ、砂糖を加え、火にかけながらからめる。
春雨があめ色になったら、ごま油大さじ1を加えてひとまぜし、
火を止めてすべての具を加えて混ぜ、火をとめる。

テジポッサム

| コメント(0) | トラックバック(0)

テジとは豚肉のこと。豚肉のたんぱく質は吸収されやすく、
皮膚細胞に再生されやすいという優れた性質があります。
たっぷりの野菜と一緒に召し上がれ!

材料
豚ばら肉かたまり600g 白菜4枚 玉葱1/2個 大根1/8本 りんご1/4個 にら1/4束
サンチュ12枚 ねぎ2本分 おろしにんにく1かけ分 粉唐辛子大さじ1 しょうゆ大さじ4
砂糖大さじ1

作り方
1鍋にたっぷりの水と豚肉、ねぎ、生姜をいれ、ふたをして沸かし、約1時間ゆでる。
そのまま湯の中で冷めるまでおき、豚肉を取り出して5ミリ厚さに切る。
2白菜は長さを3つに切り、熱湯でゆでる。玉葱は薄切りにし、水に5分さらす。
大根は細切りにし、りんごは千切りにする。にらは3センチ長さに切る。
3玉葱、大根、りんご、にらをあわせ、にんにく、粉唐辛子、しょうゆ、砂糖を加えて混ぜる。
4サンチュにゆでた白菜と豚肉、3をのせ、包んで食べる。

キムチは調味料代わりに使っても優秀。
そのお手本のような料理。
簡単にとびっきりおいしいチャーハンのできあがり。

材料4人分
豚バラ薄切り肉200g 
下味
しょうゆ小さじ2 白菜キムチ200g 万能ねぎ1/2束 温かいご飯4膳 ごま油大さじ2

作り方
1豚肉は2センチ幅に切り、下味の材料をもみこむ。キムチは1cm幅に切り、万能ねぎは
小口切りにする。
2フライパンにごま油を熱して豚肉を色が変わるまで炒める。
キムチを加えて炒め合わせたら、ご飯を加えてほぐし、万能ねぎを加えてひと混ぜする。

キムチチヂミ

| コメント(0) | トラックバック(0)

カリッと香ばしいチヂミにはマイルドな辛さのキムチがたっぷり。
たれにも唐辛子をしのばせてダブル効果。

材料4人分
豚ばら肉薄切り150g 万能ねぎ1/2束 白菜キムチ150g
生地
溶き卵1個 小麦粉50g 白玉粉20g 水1/2カップ サラダ油大さじ3
たれ
万能ねぎのみじん切り5本分 白いりごま大さじ1/2 
粉唐辛子小さじ1/2 酢大さじ2 しょうゆ大さじ2

作り方
1豚肉は3センチ幅に切り、万能ねぎは3センチ長さに切る。キムチは1cm幅に切る。
2ボウルに水以外の生地の材料を入れ、水を少しずつ加えながら泡だて器でなめらかになるまで
混ぜて、キムチを加える。
3フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、2の半分量を薄く流し入れ、
万能ねぎ、豚肉をのせる。その上に残りの2をかけて弱火で約5分焼き、裏返す。
4鍋はだからサラダ油大さじ1を加え、さらに5分焼き、食べやすい大きさに切って器に盛る。
たれの材料を混ぜ合わせて添え、つけて食べる。

豚キムチチゲ

| コメント(0) | トラックバック(0)

少し酸味が出たくらいの発酵の進んだキムチを使うと、味に深みが増しておいしくなります。
野菜は好みのものをたっぷりと入れてください。

材料4人分
豚もも肉薄切り300g 
下味
おろしにんにく1かけ分 しょうゆ大さじ1 ごま油大さじ1 木綿豆腐1丁 にら1束
万能ねぎ1束 白菜キムチ300g ごま油大さじ1
スープ
おろししょうが1かけ分 水2カップ コチュジャン大さじ2 しょうゆ大さじ1

作り方
1豚肉は3センチ幅に切り、下味の材料をもみ込む。豆腐は8等分にする。
にら、万能ねぎは5センチ長さに切り、キムチは3センチ幅に切る。
2鍋にごま油を熱し、豚肉を炒める。肉の色が変わったらスープの材料と豆腐、
キムチを加え、煮立ったらにら、万能ねぎを加えてひと煮立ちさせる。

海鮮チゲ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ローカロリーで旨味たっぷり。海鮮のだしがたまらない。
コチュジャンがさらに深みを与え、味をひとつにまとめます。

材料4人分
たら(切り身)2切れ えび8尾 ボイルホタテ8個 木綿豆腐1丁 春菊1束 長ネギ1本
生しいたけ8枚 しめじ1パック
スープ
おろしにんにく1かけ分 水3カップ みそ大さじ4 コチュジャン大さじ2 酒大さじ1

作り方
1たらはひと口大に切る。えびは尾を残して殻をむき、背綿を除く。
豆腐は8等分にし、春菊は5センチ長さに切る。ねぎは斜めに1cm幅に切り、
しいたけは石づきをのぞく。しめじは石づきをのぞいて小房に分ける。
2鍋にスープの材料を入れて火にかけ、混ぜながらみそを溶かす。
煮立ったら、たら、えび、ホタテを加え、再び煮立ったら、
豆腐、春菊、ねぎ、しいたけ、シメジを加えてひと煮たちさせる。

みそチゲ

| コメント(0) | トラックバック(0)

朝ごはんにはみそチゲと白いごはん。
体を優しく目覚めさせ、代謝をアップさせてくれます。

材料4人分
木綿豆腐1丁 アミの塩辛大さじ2 じゃがいも2個 ズッキーニ1本 玉葱1個 しめじ1パック
おろしにんにく1かけ みそ大さじ2

作り方
1豆腐、じゃがいもは一口大に切る。ズッキーニは5ミリ幅の半月切りにする。
玉葱は縦半分にして薄切りにし、しめじは石づきをのぞいて小房に分ける。
2鍋にじゃがいも、ズッキーニ、玉葱、アミの塩辛と水3カップをいれて煮立て、
ふたをして約5分煮る。
豆腐、しめじを加えてみそを溶きいれ、にんにくを加えてひと煮立ちさせる。

ビビン麺

| コメント(0) | トラックバック(0)

辛味がきいた甘酸っぱいたれをからめる汁気のない韓国麺。
キムチとコチュジャンのおいしさをダイレクトに味わって。

材料4人分
牛もも肉薄切り200g ゆで卵2個 きゅうり2本 白菜キムチ200g 刻み海苔適量
白いりごま小さじ1 冷麺用の麺4玉 塩少々
たれ
長ネギのみじん切り大さじ2 おろしにんにく1かけ分 コチュジャン大さじ4 しょうゆ大さじ4
酢大さじ4 砂糖大さじ3 ごま油大さじ1

作り方
1牛肉は熱湯で2.3分ゆでる。ゆで汁は大さじ2をとりわけ、たれの材料に合わせて混ぜる。
2きゅうりは縦半分に切って斜め薄切りにし、塩をふって、しんなりしたら水気を絞る。
キムチは3センチ幅に切り、ゆで卵は縦半分に切る。
3麺を袋の表示時間通りにゆで、水で洗って水気をきる。
4麺にたれをよくからめて器に盛り、牛肉と2、のりをのせ、ごまを散らす。

キムチうどん

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本にもあるうどんですが、キムチをたっぷり入れるところが韓国式。
新陳代謝を高め、肌のコンディションをととのえます。

材料4人分
豚バラ薄切り肉200g 下味 おろしにんにく1/2かけ分 しょうゆ小さじ1
白菜キムチ200g 万能ねぎ1/2束 ゆでうどん4玉 ごま油大さじ1
スープ
だし汁4カップ しょうゆ小さじ2 塩小さじ2 

作り方
1豚肉は3センチ幅に切り、下味の材料をもみこむ。キムチは3センチ幅に切り、
万能ねぎは小口切りにする。
2鍋にごま油を熱し、豚肉を色が変わるまで炒めて、スープの材料とキムチを加える。
3煮立ったらうどんを加え、袋の表示時間通りに煮て、器に盛り万能ねぎを散らす。

おぼろ豆腐の鍋はひと口めはあさり風味の優しい口当たり。
しだいに唐辛子の辛さを感じ、じわじわと熱くなってきます。

材料 4人分
豚もも肉薄切り200g あさり(砂抜きしたもの)300g おぼろ豆腐2パック 卵2個
万能ねぎ10本 粉唐辛子大さじ1 ごま油大さじ1 固形スープの素1個

作り方
1豚肉は3センチ幅に切る。あさりは水の中で殻と殻をこすり合わせてよく洗う。
万能ねぎは小口切りにする。
2土鍋にごま油を熱して、豚肉を色が変わるまで炒め、粉唐辛子を加えさっと混ぜて、
水3カップと固形スープの素、あさりを加える。
3煮立ったら、豆腐を食べやすい大きさにちぎりながら入れる。
ひと煮たちしたら卵を溶いて回しいれ、万能ねぎを散らす。

卵スープ

| コメント(0) | トラックバック(0)

おなじみの卵スープににんにくが入るだけで韓国式に。
土鍋で作るといっそう体も温まります。朝食にもおすすめ。

材料 4人分
卵2個 万能ねぎ10本 おろしにんにく1/2かけ分 鶏がらスープの素小さじ2 
しょうゆ小さじ1 塩少々

作り方
1万能ねぎは小口切りにする。
2土鍋に水3カップを沸かし、にんにく、鶏がらスープの素、しょうゆを加える。
3塩で味をととのえ、卵を溶いて回しいれ、器に盛って、万能ねぎを散らす。

さっぱり冷麺

| コメント(0) | トラックバック(0)

トッピングには肉を使わず、野菜中心にさっぱりと仕上げました。
食物繊維でおなかすっきり。暑いときは氷を浮かべても。

材料4人分
ゆで卵2個 きゅうり1本 大根1/8本 長ネギ1/3本 白菜キムチ150g 冷麺用の麺4玉
スープ
水4カップ 鶏がらスープの素大さじ1 しょうゆ大さじ1 塩大さじ1 砂糖大さじ1/2 塩少々
あわせ調味料
酢大さじ2 砂糖大さじ1 ごま油小さじ1

作り方
1鍋にスープの材料を入れてひと煮たちさせ、冷ます。
2きゅうりは縦半分に切って斜め薄切りにし、大根は短冊切りにして合わせ、塩をふる。
しんなりしたら水気をしぼり、合わせ調味料の材料を混ぜ合わせてから加え、混ぜる。
3ねぎは5センチ長さの千切りにし、キムチは3センチ幅に切る。ゆで卵は縦半分に切る。
4麺を袋の表示時間通りにゆで、水で洗って水気をきる。
5器に麺とスープを入れ、2と3をのせる。

冷麺用の麺・・ミョン
そば粉やさつまいもなどのでんぷんから作られる麺。
美容によいと伝えられる松の花粉や、仙人が食べていたという伝説が残るどんぐりなど、
健康に良い原料を使ったものも。

サムゲタン

| コメント(0) | トラックバック(0)

韓国には専門店もあるという、韓方の薬食同源を代表する煮込み料理。
本来は若鶏に高麗にんじんなどを詰めますが、手軽なバージョンをご紹介。

材料4人分
鶏手羽元8本 にんにく2かけ ぎんなん水煮16個 なつめ4個 くこの実大さじ1 もち米1カップ
塩こしょう適量

作り方
1もち米は洗い、たっぷりの水に約1時間つける。
2土鍋に水8カップと手羽元、水をきったもち米、にんにく、ぎんなん、なつめ、くこの実を入れて
ふたをし、弱火にかけて約1時間煮る。時々全体を混ぜ、水分が少なくなったら湯を足す。
3器に盛り、塩コショウをふって食べる。

なつめ・・なつめの実を乾燥させたもので、プルーんよりさらに鉄分やカルシウム、カリウム、
食物繊維が多い優良食品です。昔から韓方薬の材料としても使われてきました。

プルコギ

| コメント(0) | トラックバック(0)

りんご入りの甘めのたれをからめて焼く、韓国に昔から伝わる焼肉です。
野菜で包んだり、プルコギ丼にしても。

材料4人分
牛肉薄切り300g
もみだれ
長ネギみじん切り大さじ2 おろし玉葱1/6個分 おろしりんご1/8個分
おろしにんにく1かけ分 白すりごま大さじ1 しょうゆ大さじ2 酒大さじ2 ごま油小さじ1
砂糖小さじ1 こしょう少々
玉葱1個 長ネギ1本 えのきだけ1パック ごま油大さじ1

作り方
1牛肉は5センチ幅に切り、もみだれの材料をもみこむ。
玉葱は縦半分に切り、5ミリ幅に切り、ねぎは斜めに1cm幅に切る。
えのきは根元を切って粗くほぐす。
2鉄板にごま油をひいて熱し、牛肉と玉葱をさっと炒めて、ねぎ、えのきを加え、
全体がしんなりとするまで炒める。好みでサニーレタスなどの葉野菜で包みながら食べても。

韓国のから揚げには、色鮮やかなコチュジャンだれがたっぷり。
作りおきや、お弁当にする場合はあげたてにたれをからめましょう。

材料4人分
鶏もも肉2枚 塩コショウ少々 片栗粉1/2カップ 揚げ油適量
たれ
おろしにんにく1/2かけ分 おろししょうが1/2かけ分 コチュジャン大さじ2 しょうゆ大さじ2
トマトケチャップ大さじ2 砂糖大さじ1

作り方
1鶏肉はひと口大に切り、塩コショウをふって片栗粉をまぶしつける。
2揚げ油を160度に熱し、1を色よく上げて器に盛り、たれの材料を混ぜ合わせてかける。

このアーカイブについて

このページには、2009年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年3月です。

次のアーカイブは2009年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。