haru.

豆腐クイ

クイとは韓国語で「焼き物」のこと。
豆腐は栄養豊富で精進料理しか食べない僧侶の長生きは豆腐のおかげと考えられるほど。
ぴり辛たれで、淡白な豆腐にこくと旨味をプラスします。

唐辛子とたんぱく質の組み合わせで、肌の老化をストップさせ、肌のかさつき、たるみを防ぎます。

材料4人分
もめん豆腐1丁 
衣 小麦粉大さじ4 溶き卵1個 ごま油小さじ2
たれ 長ネギのみじん切り大さじ1 粉唐辛子小さじ1 白すりごま小さじ1 しょうゆ大さじ1

作り方
1豆腐はペーパータオルで包んで耐熱容器に入れ、電子レンジで2分加熱して水切りする。
8等分に切り、小麦粉をまぶしつけて溶き卵をからめる。
2フライパンにごま油を熱し、1を入れて卵がかたまるまで弱火で焼く。
3器に盛り、たれの材料を混ぜ合わせて添え、つけて食べる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/1017

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)