2009年3月アーカイブ

鶏カルビ

| コメント(0) | トラックバック(0)

さつまいもが入った甘辛い鶏料理。
食べたとたんに体がじんわりと温まります。

材料 4人分
鶏もも肉2枚 
下味
おろししょうが1かけ分 酒大さじ1 塩コショウ少々 さつまいも1本 
キャベツ4枚 玉葱1個 にら1束
合わせ調味料
おろしにんにく1かけ分 粉唐辛子小さじ2 コチュジャン大さじ4 しょうゆ大さじ2
酒大さじ2 白すりごま大さじ1 砂糖大さじ1 ごま油大さじ2

作り方
1さつまいもは薄い輪切りにして水に5分さらす。
キャベツは横に1cm幅に切り、玉葱は縦半分に切り、1cm幅に切る。
にらは5センチ長さに切る。
2鶏肉は一口大に切り、下味の材料をもみこむ。合わせ調味料の材料は混ぜ合わせておく。
3フライパンにごま油を熱し、鶏肉を色が変わるまで炒めて1と合わせ調味料を加え、
からめながら炒める。

じっくりと煮込んだ牛肉と大根。
しょうがと唐辛子を加えてスパイシーに。
脂肪細胞にパワフルに働きかけます。

材料4人分
牛肉かたまり400g 大根1/2本 白いりごま大さじ1 
合わせ調味料
長ネギのみじん切り大さじ1/2 おろししょうが1かけ分 粉唐辛子小さじ1 しょうゆ大さじ4
みりん大さじ2 ごま油大さじ1

作り方
1大根は大きめのひと口大に切り、熱湯で約5分ゆでる。牛肉は大き目の一口大に切る。
2鍋に水3カップと1をいれ、ふたをして約1時間煮る。
3合わせ調味料の材料を混ぜ合わせて加え、ふたをしてさらに約20分煮たら、
ごま油を加えて混ぜ、器に盛って、ごまをふる。

トクカルビ

| コメント(0) | トラックバック(0)

本来は骨付きカルビをたたいて使いますが、作りやすいよう牛ひき肉を使いました。
丸いトク(餅)に似ているから、この名がついたという説も。
合わせ調味料の薬念(ヤンニョム)をからめて。

材料4人分
牛ひき肉300g 卵1個 小麦粉大さじ2 しょうゆ大さじ1/2 酒大さじ1/2
合わせ調味料
おろしにんにく1かけ分 おろししょうが1かけ分 粉唐辛子小さじ2 しょうゆ大さじ3
砂糖大さじ2 ごま油大さじ2

作り方
1ねぎはみじん切りにし、ひき肉、卵、小麦粉、しょうゆ、酒
と合わせ粘りが出るまで手でよく練り混ぜ、小さめのハンバーグ状に形作る。
2合わせ調味料の材料は混ぜ合わせておく。
3フライパンにごま油を熱し、1の両面を弱火で焼きつけて、
水1/2カップと合わせ調味料を加え、照りが出るまで煮からめる。
器に盛り、彩りに春菊の葉を摘んで添えても。

ごまの風味が豊かなとろしとした口当たりのおかゆ。
老化防止ビタミンともいわれるビタミンEの力で肌を活性化します。

材料4人分
黒すりごま1カップ 白玉粉1/2カップ はちみつ大さじ2 塩少々
作り方
1鍋に白玉粉を入れて水4カップを少しずつ加え、白玉粉が溶けるまで木ベラで混ぜる。
2ごまを加え、火にかけて木ベラで混ぜ、とろみがついたらさらに約3分、混ぜながら煮る。
3はちみつを加え、塩で味を整える。

肉も野菜もたっぷり食べられるしっかり味の辛味スープ。
カプサイシンの効果も手伝って血行促進、顔色がクリアに。

材料4人分
牛バラ薄切り肉300g 
下味
長ネギみじん切り大さじ1 おろしにんにく1かけ分 しょうゆ大さじ1 ごま油大さじ1/2
ほうれん草1/2わ 大豆もやし100g 長ネギ1本 粉唐辛子小さじ1 ごま油大さじ1
コチュジャン大さじ1 固形スープの素1個 塩少々

作り方
1ほうれん草は5センチ長さに切り、大豆もやしと一緒に熱湯でさっとゆで、水にとって水気をしぼる。
ねぎは斜めに5ミリ幅に切る。牛肉は細切りにして、下味の材料をもみこむ。
2鍋にごま油を熱して牛肉を炒めて、肉の色が変わったら、ほうれん草、大豆もやし、ねぎ、
粉唐辛子、コチュジャンを入れて軽く炒める。
3水3カップと固形スープの素を加えて煮立て、約3分煮て、塩で味を整える。

サムギョプサルとは豚のばら肉のこと。ビタミンB1が豊富な豚肉と、プラスにんにくで
糖質の代謝をスムーズに。疲れた肌やイライラを改善します。

材料4人分
豚ばら肉 焼肉用 400g 
下味
ごま油大さじ1 塩小さじ1/2 しし唐16本 にんにく4かけ 長ネギ1本
サンチュ12枚
合わせ味噌
白すりごま小さじ1 コチュジャン大さじ1 みそ大さじ1 ごま油小さじ1 

作り方
1豚肉は下味の材料をもみこみ、しし唐は1,2箇所に切り目を入れる。
にんにくは薄切りにし、ねぎは5センチ長さの千切りにする。
合わせみその材料は混ぜ合わせる。
2鉄板にごま油をひいて熱し、豚肉、しし唐、にんにくを焼く。
3焼きあがったら、ねぎや合わせ味噌と一緒にサンチュで包みながら食べる。

dsc02729_edited.jpg

上から
いちごのジュレ・・口どけ重視のため、ゼラチンを使用 なので少し泡立っています
生クリーム・・乳脂肪分高めのもの
スポンジ・・ごく不通の
いちご練乳ババロア・・いちごのピューレをたっぷり使い、
練乳も加えて、さっぱりミルキー味
スポンジ
生クリーム
スポンジ

甥っ子の誕生日会用に作りました。
「どんなケーキが良い?」と本人に聞いた所
「普通のクリームに普通のスポンジで苺 か アイスクリームだけを乗せたワッフル」
という答えでした。
毎週のように色濃いケーキを食べさせているので、
普通のものが良かったようです・・
でも、せっかく苺の季節なので、苺をたっぷり使ったケーキにしてみました。

いちごのジュレは いちご味を前面主張
ババロア部分は それだけで食べるにははかない感じですが、
スポンジ、生クリーム部分とすべて合わせて食べると
丁度よい感じになるように仕上げました。

ケーキを乗せているお皿はバリ島で作られている
「ジェンガラケラミック」のもの。
前回バリに行ったときに工房で何時間もかけて探したものです。
このお皿何をのせても映えるので、重宝しています。

dsc02733_edited.jpg

豆腐サラダ

| コメント(0) | トラックバック(0)

豆腐のイソフラボンは植物性女性ホルモンと呼ばれる美白の要。
さらにごまとごま油のビタミンEの作用で肌を若々しく保ちます。

材料4人分
もめん豆腐1丁 紫たまねぎ1/2個 トマト1個 貝割菜1パック サニーレタス4枚
ドレッシング
長ネギのみじん切り大さじ2 白すりごま大さじ3 酢大さじ3 しょうゆ大さじ3 砂糖大さじ2
ごま油大さじ1 コチュジャン大さじ1/2

チムタッ

| コメント(0) | トラックバック(0)

鶏肉と野菜を少量の汁で炒め煮にしました。
旨味をたっぷりすった韓国春雨が絶品。

材料 4人分
鶏もも肉1と1/2枚 
もみだれ
おろしにんにく1かけ分 おろし生姜1かけ分 粉唐辛子小さじ1 しょうゆ大さじ4 酒大さじ1
韓国春雨80g 生しいたけ4枚 じゃがいも2個 たまねぎ1個 にら1/2束 赤唐辛子1本
ごま油大さじ2

1春雨はたっぷりの熱湯で10分ゆで、水で洗って10~15センチ長さに切る。
しいたけは石づきをのぞいて1cm幅にそぎ切りにする。じゃがいもは8ミリ厚さに切って、
2センチ幅に切る。たまねぎは1cm幅にくし形に切り、にらは5センチ長さに切る。
赤唐辛子は種を除き、適当な大きさに3~4つに切る。
鶏肉は一口大に切り、もみだれの材料をもみこむ。
2フライパンにごま油を熱し、鶏肉を炒める。肉の色が変わったら、水2カップと唐辛子、
しいたけを加え、ふたをして約5分煮る。
3じゃがいも、たまねぎを加え、ふたをして約10分煮たら、春雨を加えて、ふたをし、
春雨が汁気を吸ってあめ色になるまで煮る。最後ににらを加え、混ぜる。

コラーゲンそのものを多く含むスペアリブを、じゃがいもと煮込みます。
美味しく食べて肌のハリもぐんとアップ。

材料4人分
スペアリブ8本 じゃがいも4個 長ネギ2本 にんにく2かけ しょうが1かけ 粉唐辛子大さじ1
煮汁
水4カップ 固形スープの素1個 酒40cc 塩小さじ2

作り方
1じゃがいもは半分に切る。ねぎは5センチ長さに切り、縦半分に切る。
にんにく、しょうがは薄切りにする。
2鍋にスペアリブとにんにく、しょうが、煮汁の材料を入れ、ふたをして約30分煮る。
3表面に浮いた脂を除き、じゃがいも、ねぎ、粉唐辛子、塩を加えて15分煮る。

カムジャタンを食べた後にご飯を入れると、おいしいおじやになります。
カムジャタンの残り汁にごはんをいれて火にかけ、煮立ったら、卵を溶いて回しいれ、
一煮立ちさせる。器に盛り、好みでのりをもんで散らす。

ベリー類のフレッシュさが生きている、
混ぜるだけで出来る簡単フローズンヨーグルト

材料
13×13×高さ9センチの密閉容器1個分

いちご220g ブルーベリー50g 砂糖大さじ4 プレーンヨーグルト300ml 生クリーム100ml

作り方
1いちごはへたを取り、あらみじん切りにする。
2ボウルにいれ、砂糖をまぶして10分おく。
3泡だて器でいちごをつぶすようにして混ぜる。
4ヨーグルトを加え、よく混ぜる。
5ブルーベリー、生クリームを加えてさらによく混ぜ、密閉容器に流し入れる。
冷凍庫で3時間ほど冷やす。その後1時間ごとに泡だて器でかき混ぜて
空気を含ませる。2.3回繰り返すとなめらかになる。

豆腐クイ

| コメント(0) | トラックバック(0)

クイとは韓国語で「焼き物」のこと。
豆腐は栄養豊富で精進料理しか食べない僧侶の長生きは豆腐のおかげと考えられるほど。
ぴり辛たれで、淡白な豆腐にこくと旨味をプラスします。

唐辛子とたんぱく質の組み合わせで、肌の老化をストップさせ、肌のかさつき、たるみを防ぎます。

材料4人分
もめん豆腐1丁 
衣 小麦粉大さじ4 溶き卵1個 ごま油小さじ2
たれ 長ネギのみじん切り大さじ1 粉唐辛子小さじ1 白すりごま小さじ1 しょうゆ大さじ1

作り方
1豆腐はペーパータオルで包んで耐熱容器に入れ、電子レンジで2分加熱して水切りする。
8等分に切り、小麦粉をまぶしつけて溶き卵をからめる。
2フライパンにごま油を熱し、1を入れて卵がかたまるまで弱火で焼く。
3器に盛り、たれの材料を混ぜ合わせて添え、つけて食べる。

いちごの効果でしっとりと濃厚なチーズケーキ。
そのおいしさは、ついついもう一切れと手が伸びる・・

準備
クリームチーズ、卵は室温においておく。
型にオーブン用シートを敷く。
オーブンを170度に温め始める。
やかんに蒸し焼き用の湯をわかす。

材料 18×18×高さ5センチの角型1台分

いちご300g 砂糖15g オレオクッキー9個
生地
クリームチーズ250g 砂糖60g サワークリーム200g プレーンヨーグルト大さじ2
卵2個 コーンスターチ大さじ2

作り方
1いちごはへたをとって耐熱容器に入れ、砂糖を全体にからめる。
電子レンジで2分加熱する。オレオクッキーは厚手のポリ袋に入れ、
麺棒などでたたいて細かくし、型全体に敷く。
2ボウルにクリームチーズを入れ、泡だて器でよく練り混ぜる。砂糖を加えてさらに混ぜる。
サワークリーム、ヨーグルト、いちごの汁を加えてなめらかになるまで混ぜる。
3卵を1個ずつ加えてその都度よく混ぜる。コーンスターチを加え、さらによく混ぜる。
4型に生地を流し入れ、いちごを点々とちらす。汁気が残っていれば上からかける。
5型を天板にのせ、天板に深さ1センチほど湯を注ぎ、170度のオーブンで50分焼く。
型ごとケーキクーラーにのせ、完全にさめたら冷蔵庫に3時間ほど入れて落ち着かせる。
型からはずし、オーブン用シートをはがす。

体が元気になるフレッシュな一品。
混ぜないでそのまま、よく混ぜてマーブル状に、お好みで!

材料4人分
いちご300g プレーンヨーグルト300g はちみつ大さじ4

作り方
1いちごはへたを取ってボウルにいれ、フォークなどで粗くつぶす。
2器に入れてヨーグルトをかけ、はちみつをかける。

このアーカイブについて

このページには、2009年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年2月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。