haru.

クランベリースコーン

外側はカリッ、中はしっとりの、ソフトなスコーン。
コツは生地の材料を混ぜた後、最後に手でこねること。
パサパサしすぎず、上品な食感になります。

準備
薄力粉、ベーキングパウダーはあわせてボウルにふるい入れる。
バターは1cm角に切る。
それぞれ冷蔵庫で30分以上冷やしておく。
天板にオーブン用シートを敷く。
ボウルに卵と牛乳、砂糖を入れてよく混ぜる。

材料 9個分
ドライクランベリー40g 薄力粉200g ベーキングパウダー大さじ1 無塩バター40g
卵1個 牛乳50ml 砂糖40g つやだし用の牛乳適量 好みでホイップクリーム適量

作り方
1クランベリーは3分ほど熱湯につけてもどし、ざるに上げて水気を切る。
2粉類のボウルにバターを加え、バターに粉をまぶすようにして、
バターがそぼろ状になるまですり混ぜる。
3クランベリー、卵液を加え、ゴムベラでさっくりと混ぜる。
4ひとまとまりになったら、手のひら全体を使って10回ほどこねる。
5生地をまとめてポリ袋に入れ、冷蔵庫で30分休ませる。
オーブンを180度に温め始める。
6打ち粉をした台に生地をのせ、手で厚さ3センチに伸ばす。
7好みの形に9等分し、間隔をあけて天板に並べる。
8表面につやだし用の牛乳を刷毛でぬる。
180度のオーブンで25分焼く。好みでホイップクリームを添える。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/1013

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)