2009年2月アーカイブ

外側はカリッ、中はしっとりの、ソフトなスコーン。
コツは生地の材料を混ぜた後、最後に手でこねること。
パサパサしすぎず、上品な食感になります。

準備
薄力粉、ベーキングパウダーはあわせてボウルにふるい入れる。
バターは1cm角に切る。
それぞれ冷蔵庫で30分以上冷やしておく。
天板にオーブン用シートを敷く。
ボウルに卵と牛乳、砂糖を入れてよく混ぜる。

材料 9個分
ドライクランベリー40g 薄力粉200g ベーキングパウダー大さじ1 無塩バター40g
卵1個 牛乳50ml 砂糖40g つやだし用の牛乳適量 好みでホイップクリーム適量

作り方
1クランベリーは3分ほど熱湯につけてもどし、ざるに上げて水気を切る。
2粉類のボウルにバターを加え、バターに粉をまぶすようにして、
バターがそぼろ状になるまですり混ぜる。
3クランベリー、卵液を加え、ゴムベラでさっくりと混ぜる。
4ひとまとまりになったら、手のひら全体を使って10回ほどこねる。
5生地をまとめてポリ袋に入れ、冷蔵庫で30分休ませる。
オーブンを180度に温め始める。
6打ち粉をした台に生地をのせ、手で厚さ3センチに伸ばす。
7好みの形に9等分し、間隔をあけて天板に並べる。
8表面につやだし用の牛乳を刷毛でぬる。
180度のオーブンで25分焼く。好みでホイップクリームを添える。

いつものタコもキムチとあわせるだけで、韓国風のおかずになります。
ごまの風味も加わって食べ応えのある一品に。


材料 4人分
刺身用たこ200g カットわかめ(乾燥)10g きゅうり2本 白菜キムチ200g 白いりごま小さじ1
あわせ調味料
おろしにんにく1/2かけ 粉唐辛子小さじ1/2 酢大さじ2 砂糖大さじ1 しょうゆ小さじ2

作り方
1わかめは水につけてもどし、水気をしぼる。
たこときゅうりは小さめの一口大に乱切りにし、きゅうりには塩をふる。
キムチは食べやすい大きさに切る。
2あわせ調味料の材料は混ぜ合わせ、1を加え、ごまを加え、軽く混ぜる。

しっとりとしたケーキにラズベリーの甘酸っぱさが良く合います。
おみやげにしたら、きっとほめられそう。

準備
バターは室温においておく。
卵は室温においてからときほぐす。
薄力粉、ベーキングパウダーはあわせてふるう。
粉類の大さじ1をとりわけ、ラズベリーにふって軽く混ぜる。
型にオーブン用シートを敷く。
オーブンを170度に温め始める。

材料 21×8×高さ6センチのパウンド型1個分
ラズベリー80g 無塩バター90g 砂糖90g 卵2個 薄力粉100g ベーキングパウダー小さじ1/2

作り方
1ボウルにバターを入れ、泡だて器でクリーム状になるまでよく混ぜる。
2砂糖を加え、白っぽくなるまでよく混ぜる。
3溶き卵を4.5回に分けて加え、そのつどしっかりと混ぜ合わせる。
4粉類を加えゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる。全体につやが出たらラズベリーを加え、
軽く混ぜる。
5型に生地を入れて表面をならす。170度のオーブンで40分焼く。
あら熱がとれたら型からはずしてオーブン用シートをはがし、
ケーキクーラーにのせて完全に冷ます。

さわやかな味のブルーベリーマフィンと、しっとり甘いバナナ入り。
2種のマフィンが同じ生地で出来るのも嬉しい。

準備
バターは室温においておく。
卵は室温においてからときほぐす。
バナナは皮をむき、細かく刻む。
薄力粉、ベーキングパウダーはあわせてふるう。
マフィン型に紙カップを敷く。
オーブンを180度に温め始める。

材料 直径7センチのマフィン型6個分

ブルーベリー100g バナナ1/2本 無塩バター50g 砂糖70g 卵1個 薄力粉120g
ベーキングパウダー小さじ1 牛乳50ml

作り方
1ボウルにバターを入れ、泡だて器でクリーム状になるまでよく混ぜる。
砂糖を加え、白っぽくなるまで混ぜる。
2溶き卵を2.3回に分けて加え、その都度しっかり混ぜ合わせる。
3粉類の1/3量を加え、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる。
牛乳の半分量を加えて軽く混ぜ、
さらに粉類の1/3量を加えて混ぜる。
4残りの牛乳を加えてさっくりと混ぜ、残りの粉類を加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
5ブルーベリーはかるく混ぜる。
63個の型に生地を大さじ3ずつ入れる。
7残りの生地に刻んだバナナを加えて混ぜ、同様に残り3個の型に入れる。
8180度のオーブンで20分焼く。
9あら熱がとれたら型からはずし、ケーキクーラーにのせてさます。

ヨーグルトがたっぷり入って後味さっぱり。
ブラックベリーの風味が上品なスイーツ。

準備
クリームチーズは室温においておく。
粉ゼラチンは水大さじ2に振りいれ、電子レンジで15秒加熱し、溶かす。
ブラックベリーは缶詰の場合、ざるにあげて汁気を切る。

材料 直径7×高さ5センチの容器6個分
ブラックベリー160g カステラ100g クリームチーズ250g 砂糖50g 
プレーンヨーグルト200g 粉ゼラチン5g レモンの絞り汁大さじ1 生クリーム100ml

作り方
1カステラは型の底にあわせて薄く切り、型の底に敷く。
2ボウルにクリームチーズを入れ、泡だて器でよく練りまぜる。
砂糖、ヨーグルトを加えてその都度混ぜる。
3なめらかになったら、溶かしたゼラチン、レモン汁を加えてよく混ぜる。
4別のボウルに生クリームを入れ、底を氷水で冷やしながら七分立てにする。
クリームチーズのボウルに加え、よく混ぜる。
5容器に生地を大さじ2ずついれ、ブラックベリーの半分量をのせる。
6残りの生地を均等にいれ、残りのブラックベリーをのせる。
冷蔵庫で2時間ほど冷やし固める。

簡単なのに、味も見た目もレストランで食べるのと変わらない出来栄え。
食後のデザートに!

材料
13×13×高さ6センチの密閉容器1個分

冷凍ラズベリー200g 砂糖80g レモンの絞り汁大さじ1 卵白2個分

作り方
1鍋にラズベリーと砂糖、水200mlを入れて中火にかけ、沸騰したら火からおろす。
冷めたらミキサーに入れてレモンの絞り汁を加え、果肉の粒がなくなるまで攪拌する。
密閉容器に流し入れ、冷凍庫で3時間ほど冷やす。
2ボウルに卵白を入れ、角が立つまであわ立てる。密閉容器を取り出して卵白をくわえ、
ゴムベラでよく混ぜる。さらに2時間ほど冷やし固める。

ゆずチンパン

| コメント(0) | トラックバック(0)

小麦粉と片栗粉をあわせて、本場さながら上新粉で作ったような
もっちりとした蒸しパン(チンパン)に。
柚子茶の風味ですがすがしく。

材料
14×17センチの流し缶1台分
小麦粉80g 片栗粉30g ベーキングパウダー小さじ1 卵3個 砂糖90g 柚子茶大さじ4
作り方
1小麦粉、片栗粉、ベーキングパウダーはあわせてふるっておく。
卵は卵黄と卵白にわける。
2卵白は泡だて器でほぐして、砂糖の半分量を加え、ツノがたつまであわ立てる。
3卵黄に残りの砂糖をいれ、砂糖が溶けてざらつきがなくなるまで泡だて器であわ立てる。
43に1の粉を加え、ゴムベラでさっくりと切るように混ぜる。
続けて2を加え、さっくりと切るように混ぜる。
5流し缶の内側にオーブン用シートを敷きこみ、4をいれ表面に柚子茶大さじ2を広げてのせる。
蒸し器にいれ、ふたをして約10分強火で蒸し、残りの柚子茶を広げてのせ、さらに約10分蒸す。
6竹串をさしてみて生地がつかなければ蒸し上がり。粗熱がとれたら、流し缶から出し、
好みの大きさに切り分ける。

いちごのピューレをたっぷり使った、ぜいたくな味のベビーピンクのババロア。

準備 
粉ゼラチンは水大さじ4にふり入れてふやかしておく
鍋に牛乳と練乳を入れて中火にかけ、沸騰直前まで温める。


材料 直径7×高さ3.5センチのプリン型6個分
いちご250g 卵黄2個 砂糖50g 牛乳150ml 練乳大さじ3 粉ゼラチン10g 生クリーム200ml
いちご適量

作り方
1いちごはへたをとってミキサーに入れ、ピューレ状になるまで攪拌する。
ボウルに卵黄を入れて泡だて器でほぐし、砂糖を加え、卵黄が白っぽくなるまで混ぜる。
2温めた牛乳と練乳を加え、よく混ぜる。
3万能こしきを通して鍋にもどしいれ木ベラで混ぜながら弱火にかける。
4ふつふつと沸騰してきたら火からおろし、ふやかしたゼラチンを加えて混ぜ、
完全に溶かす。
5いちごのピューレを加えてよく混ぜる。
6鍋底を氷水につけときどき混ぜながらとろみがつくまで冷やす。
7ボウルに生クリームを入れ、底を氷水で冷やしながら六分立てにする。
鍋に加えて手早く混ぜる。
8型に均等に流し入れ、冷蔵庫で2時間ほど冷やし固める。
固まったら型からはずし、好みでいちごを添える。

ベリーパフェ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ベリーとアイスのおいしさが幾層にも重なって。
冷やした器に盛り付ければ、立派なおもてなしの一品に。

材料 4人分
いちご150g ブルーベリー20g 砂糖大さじ1 アイスクリーム200ml ミントの葉少々

作り方
1いちごはへたを取って粗く刻み、砂糖をまぶして10分ほど置く。
2器にいちお、アイスクリーム、ブルーベリーの順に入れさらにアイスクリームをのせる。
あればミントの葉を添える。

いちご飴

| コメント(0) | トラックバック(0)

陽にかざすときらきら宝石のような輝きを放ついちご飴。
飴衣は一度で手早くからめるときれいに仕上がります。

材料 12個分
いちご12粒 砂糖100g

作り方
1いちごはへたを取り、竹串をさす。
2鍋に砂糖と水大さじ2をいれ、ときどき鍋をゆすりながら中火にかける。
ふつふつと沸騰しとろみがついて全体がごく薄いきつね色になってきたら
鍋を傾けてひとすみに集め、いちご全体に飴衣をつける。
3オーブン用シートの上にのせ、飴を乾かす。

酸味と甘味のバランス、口溶けがとてもよいレモンクリームを
レモンの風味をきかせたタルトにつめて。ラズベリーの香りがポイント。

準備
バター、溶き卵は室温においておく。
薄力粉はふるう。
粉ゼラチンは大さじ1の水にふりいれてふやかしておく。
オーブン用シートを8センチ四方に切る。
タルトレット型は薄くバターを塗る。

材料
直径6×高さ2センチのタルトレット型8個分

ラズベリー15g 
タルト生地
無塩バター100g 粉砂糖40g 溶き卵大さじ1 レモンの皮のすりおろし1個分 薄力粉150g
クリーム
卵1個 砂糖60g 生クリーム150ml 粉ゼラチン3g ミントの葉少々

作り方
11ボウルにバターを入れ、泡だて器でよく練り混ぜる。滑らかなクリーム状になったら、
粉砂糖を加え、よく混ぜる。
2バターが白っぽくなったら、溶き卵、レモンの皮のすりおろしを加えてよく混ぜる。
3卵が全体になじんだら、薄力粉を加えてゴムベラでさっくりと混ぜる。
(ここではひとまとまりになっていなくてもよい)
4ポリ袋に入れて平らにし、冷蔵庫で1時間休ませる。オーブンを170度に温めはじめる。
5 30センチ四方に切ったラップを台に敷き、生地を取り出してのせる。
さらに上からもラップをかけ、麺棒で厚さ3ミリにのばす。
オーブンを180度に温め始め、上のラップをはがし、直径8センチの丸抜き型で抜く。
6型にのせ、上からしっかりと押さえ込む。
7底全体にフォークで穴をあける。
8オーブン用シートをのせて敷きこみ、180度のオーブンで20分焼く。
あら熱がとれたら型をはずし、ケーキクーラーにのせて冷ます。
9クリームを作る。
ボウルに卵を割りほぐし砂糖を加えて泡だて器でよく混ぜる。
レモンの絞り汁、生クリームを加えて混ぜ、万能こしきでこしながら鍋に入れる。
10木ベラで混ぜながら中火にかけ、とろみがついたら火からおろす。
11ふやかしたゼラチンを加えて混ぜる。
あら熱がとれたらタルト生地に入れ、ラズベリーをのせる。
冷蔵庫で1時間冷やし固める。あればミントの葉を飾る。

クロスタータ

| コメント(0) | トラックバック(0)

イタリアの家庭で日常的に食べられている素朴な焼き菓子。
大きく切ってパクパクと召し上がれ。

準備
バター、溶き卵は室温においておく。
薄力粉はふるう。
ブラックベリーは缶詰の場合、ざるにあげて汁気を切り、耐熱容器に入れ、砂糖を加えて
電子レンジで3分加熱し、取り出してまぜさらに3分加熱する。そのまま冷ましておく。
セルクルに薄くバターを塗る。
天板にオーブン用シートを敷き、セルクルをのせる。

材料 18センチのセルクル1個分
ブラックベリー250g 砂糖大さじ2 
タルト生地
無塩バター100g 粉砂糖40g 溶き卵大さじ1 薄力粉150g
1ボウルにバターを入れ、泡だて器でよく練り混ぜる。滑らかなクリーム状になったら、
粉砂糖を加え、よく混ぜる。
2バターが白っぽくなったら、溶き卵を加えてよく混ぜる。
3卵が全体になじんだら、薄力粉を加えてゴムベラでさっくりと混ぜる。
(ここではひとまとまりになっていなくてもよい)
4ポリ袋に入れて平らにし、冷蔵庫で1時間休ませる。オーブンを170度に温めはじめる。
5 30センチ四方に切ったラップを台に敷き、生地を取り出してのせる。
さらに上からもラップをかけ、麺棒で厚さ3ミリにのばす。
6上のラップをはがし、はがした側を下にしてセルクルにのせる。
上からしっかりと押さえてオーブン用シートとセルクルの側面にすきまができないよう密着させる。
7もう一枚のラップをはがし、セルクルからはみでた部分を除く。
8底全体にフォークで穴をあける。
9ブラックベリーをのせる。
10のぞいた生地を集めて丸め、同様にラップではさみ、麺棒で厚さ3ミリに伸ばす。
11幅1センチに切り、ブラックベリーの上に格子状にのせる。
12ナイフなどを使って側面の生地を内側に折り込むようにして軽く押さえる。
170度のオーブンで45分焼く。セルクルとオーブン用シートごとケーキクーラーにのせ、
完全に冷めただそれぞれはずす。

チョコレートたっぷりのリッチなガトーショコラ。
ラズベリーの酸味が味を引き締めます。

材料
直径6×高さ2cmの厚手の紙カップ10個分

ラズベリー30g ブラックチョコレート100g 無塩バター80g 卵2個 砂糖70g 薄力粉30g

1チョコレートは細かく刻む。バターは2センチ角に切る。
ボウルに入れて湯せんにかけ、ゴムベラで静かに混ぜながら溶かす。
2湯煎からはずして卵黄を加えよく混ぜる。
3ボウルに卵白をいれてあわ立て、ふんわりあわ立ってきたら砂糖を2回に分けて加え、
角が立つくらいに堅いメレンゲにする。
4チョコレートのボウルにメレンゲの1/3量を加えてゴムベラでよく混ぜ、
生地をやわらかくする。
5残りのメレンゲを加えてさっくりと混ぜる。
6薄力粉を振りいれ、粉っぽさがなくなるまで切るように混ぜる。
7紙カップの8分目まで生地を流し入れる。
8ラズベリーを手で細かくちぎりながら等分にのせる。180度のオーブンで20分焼く。
ケーキクーラーにのせて完全に冷ます。

ソーダーの泡がそのままゼリーになりました。
お口の中でシュワシュワと優しくソーダーがはじけます。

材料 100mlのグラス4個分

いちご180g ソーダー300ml 砂糖大さじ2 粉ゼラチン5g

準備
粉ゼラチンは水大さじ2にふりいれてふやかしておく。

作り方
1いちごはへたをとって、グラスに等分に入れる。
2鍋にソーダーの1/3量と砂糖をいれ、ゴムベラで混ぜながら中火にかける。
砂糖が溶けたら火からおろし、ふやかしたゼラチンを加えて混ぜ、完全に溶かす。
なべ底を氷水につけて混ぜながら完全に冷やす。
3残りのソーダーを加えて混ぜる。
4表面の泡を取り除き、グラスに均等に流し入れる。
5冷蔵庫で2時間ほど冷やし固める。

このアーカイブについて

このページには、2009年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年1月です。

次のアーカイブは2009年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。