haru.

ちらし寿司

彩の良い具を酢飯にのせれば華やかなごちそうの出来上がり。
時間がなければ魚介類だけでも、豪華に仕上がります。

0011.jpg

材料 4人分
炊きたてのご飯  3合分
いくら    50g
塩茹でエビ  6尾
錦卵     卵3個分
焼きあなご  100g(小口切りにする)
かんぴょう  20g(塩揉みし水洗いした後2~3cmに切っておく)
干ししいたけ 6枚(砂糖少々を加えたぬるま湯でもどし石づきを取り薄切りにする)
 ブロッコリー 60g(色良く茹で、小房に分けておく)

 A
砂糖    大さじ3
醤油    大さじ2と1/2
   しいたけのもどし汁  1カップ

  市販のすし酢  90cc

作り方

1 鍋にかんぴょうとしいたけを入れAを入れて煮立ったら弱火にして汁気が少なくなるまで煮る。
2 塩茹でエビは殻をむいて背から開いて半分にしておく。
3 炊きたてのご飯にすし酢を回しかけ、うちわで扇ぎながら切るように混ぜ冷ます。
4 ①と焼きあなごをご飯に混ぜておく。
5 ④を器に盛り、錦卵を飾りエビ・いくらブロッコリーを順に乗せていく。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/974

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)