haru.

うざく

きゅうりのしゃきしゃきとした歯ざわりと、うなぎの歯ざわりの違いが面白い酢の物です。
しょうがが全体の味のまとめ役となります。

材料4人分

うなぎの蒲焼  1枚
きゅうり    2本
塩       少々
わかめ     20g
しょうがのしぼり汁  小さじ1
針しょうが   少々
A 
だし汁   1/4カップ
酢     1/4カップ
薄口醤油  大さじ1
砂糖    少々
削り鰹節  ひとつかみ


作り方

1 まな板に塩を振ってきゅうりをゴロゴロと転がし板ずりし、小口切りにして水を絞っておく。
2 うなぎは縦半分に切って1cm幅の短冊に切る。
3 わかめは水でもどし、熱湯にサッとくぐらせて冷水に取り一口大に切る。
4 小鍋にAを入れ、温め沸騰直前に火を止め冷ます。
5 ①②③を④でざっくりと和え、しょうが汁を振り、針しょうがをあしらう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/962

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)