haru.

帆立の金山寺みそ焼き

そのままで食べられることの多い金山寺みそを調味料として使い、
香ばしく旨味のある焼き物を作ります。
帆立のほか、白身魚や、鶏肉など、
身が柔らかく淡泊なものなら何でも美味しくしあがります。

0765.jpg

2人分
ボイル帆立6個 金山寺みそ大匙2 醤油大匙1/2 みりん大匙1
付け合せ しし唐 油少々
1金山寺味噌に、しょうゆ、みりんをいれてよくあわせる。
21のなかに帆立をいれて、手で軽くもみこみ、5分ほどおく。
3弱火の魚焼き、または160度に熱したオーブンで10分間焼く。
(焦げやすいので途中で様子をみながら火加減する)
4しし唐を油で炒めたものを付け合せる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/913

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)