haru.

八幡巻き

具はすきまのないようにおき、肉できっちりと包んで、巻き終わりをなべ底にして煮込んでいくと、楊枝などを使わなくても、肉がはがれることなく、きれいに出来上がります。見た目がきれいなので、煮込んでおいて、後は切るだけにしておけば、来客時にも重宝する一品になります。

0664.jpg


2人分
牛もも肉薄切り120g ごぼう100g にんじん80g 醤油大匙2 みりん大匙3 だし汁2カップ


1ごぼうは皮をこそげ、10センチ長さに切る。太いものは2つから4つに切る。人参は皮をむき、ごぼうと同じくらいの太さに切る。
21のごぼうを水にくぐらせ、ラップをして、レンジに3分かけておく。(鍋に水とごぼうをいれて、5分ほど煮てもよい)
3まな板に牛肉を広げ、手前にごぼうと人参をおき、端からくるくると巻いていく。
4巻き終わりを下にして、鍋にいれて、だし汁、醤油、みりんをいれて、キッチンシートなどで、落し蓋をして、20分ほど煮込んでいく。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/857

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)