2008年7月アーカイブ

 サマータイムを導入するかどうかが、最近問題になっています。アメリカでは3月の第二日曜日から11月の第一日曜日までヨーロッパでは3月の最終日曜日から10月の最終日曜日までがサマータイムです。OECD加盟国でこれを採用していないのは日本、韓国、アイスランドの三カ国だけだそうで、今国会でもこの提案は見送られましたが、今後は近いうちに実行される可能性もでてきます。

熱々とろとろのところを食べてほしい一皿です。とろりとしたクリームと、甘酸っぱいブルーベリーがベストマッチ。

0094.jpg

2人分
ブルーベリー200g 卵1個 牛乳100cc 砂糖大匙2
1卵は割りほぐし、三温糖を加えてよくまぜ、牛乳を注いでよく混ぜ合わせ、1度こしきを通しておく。
2耐熱皿にブルーベリーを並べ、1の卵液を流しいれて、170度に温めたオーブン15分間焼く。
3熱々をどうぞ。

 アメリカで未婚の女性達が非常に結婚しにくい状況に陥っているというレポートがあります。実際、独身女性の数は1970年代に3000万人だったのが今では約2倍近い5500万人(2005年)に増えています。

ひじきの煮物

| コメント(0) | トラックバック(0)

今回はあさりのむきみを入れて作りましたが、あさりのむきみを、油揚げ1枚や豚ひき肉80gなどに変えても美味しく出来ます。最初にしっかりとひじきを戻すことがポイント。火通りも早くなりふっくらと美味しく煮あがります。

0007.jpg


4人分
乾燥ひじき30g にんじん1/2本 あさりむきみ80g  油大さじ1 
水100cc 砂糖大さじ2 しょう油大さじ21/2
絹さや10枚くらい。
1ひじきはたっぷりの水の中に30分浸してもどし、ざるにあげて、水をかけながらあらい、水気をきっておく。長い場合は10cm長さくらいに切る。
2にんじんは皮をむいて、5cm長さに切り、細切りにする。
3鍋に油を熱して、ひじき、にんじんを入れて炒め、水、砂糖、しょう油、あさりむきみを加えて弱火にして、ふたをして10分煮る。
4絹さやをゆでて、斜め切りにしたものを混ぜる。

イカ墨パスタ

| コメント(0) | トラックバック(0)

イカ墨は手に入れるのが難しいので、パスタ用のイカ墨ソースにひと手間かけて味を足すと、
レトルトとは思えない、本格的な味のソースが出来上がります。
食卓の用意が出来てからパスタをゆで始め、ぜひ出来立て熱々を食べてみてください。

4人分
パスタ180g 玉ねぎ1個 にんにく2かけ いか2杯 オリーブ油大さじ2 トマト缶1缶 
イカ墨大さじ2(なければパスタ用レトルト160ml) 白ワイン100cc 塩コショウ小少々


1玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。いかは内臓をとり、皮をむいて、1cm幅の輪切りにする。
内臓についている、墨袋をていねいにはずし、白ワインの中で洗いだす。

2フライパンに油を熱し、にんにくを炒め、香りがしてきたら玉ねぎを入れて、
全体がしんなりとするまで炒め、トマト缶も入れてつぶしながら加熱し、
イカ墨を溶いた白ワインも入れて、いかも入れて弱火にし、パスタをゆで始める。

3パスタが茹で上がったら、2に塩コショウで味付けをし、
茹で上がったパスタをいれてひとまぜし、火を止める。

4器に盛りつけあればイタリアンパセリを飾る。

 戦前の日本の教育では、座る時も立っている時も正姿勢か、休めの姿勢かどちらかしかありませんでした。いずれにしても姿勢が悪いことは最大の悪徳、悪習慣として嫌われていたので公衆の中ではいつでも姿勢が正しいことは小さな子供のうちから家族の中で学校で鍛えられていました。たとえば、"道"のつくような運動、剣道、柔道などの姿勢を問われ、また踊りや鼓、お茶屋の華なども挨拶と同時に姿勢は必ず厳しく鍛えられ、それ故に基礎代謝の高い体になったといえます。

 基礎代謝という言葉はなんとなくわかりにくいですね。しかし、一方では基礎代謝が下がるというのは今では常識的に使われる言葉になりつつあります。寝ている間も24時間燃えてなくなっていくカロリー、もしくは熱量といえばよいでしょう。

八幡巻き

| コメント(0) | トラックバック(0)

具はすきまのないようにおき、肉できっちりと包んで、巻き終わりをなべ底にして煮込んでいくと、楊枝などを使わなくても、肉がはがれることなく、きれいに出来上がります。見た目がきれいなので、煮込んでおいて、後は切るだけにしておけば、来客時にも重宝する一品になります。

0664.jpg


2人分
牛もも肉薄切り120g ごぼう100g にんじん80g 醤油大匙2 みりん大匙3 だし汁2カップ


1ごぼうは皮をこそげ、10センチ長さに切る。太いものは2つから4つに切る。人参は皮をむき、ごぼうと同じくらいの太さに切る。
21のごぼうを水にくぐらせ、ラップをして、レンジに3分かけておく。(鍋に水とごぼうをいれて、5分ほど煮てもよい)
3まな板に牛肉を広げ、手前にごぼうと人参をおき、端からくるくると巻いていく。
4巻き終わりを下にして、鍋にいれて、だし汁、醤油、みりんをいれて、キッチンシートなどで、落し蓋をして、20分ほど煮込んでいく。

もう少しこってりとコクを出したい時は鶏肉を豚バラ肉に変え、にんにくやコンソメなどを加えると良いでしょう。じゃがいもやカリフラワーなどを加えてもポクポクとした口当たりが楽しめます。トマトケチャップやトマトペーストなどを加えるとさらにコクが出て味わい深くなります。
0629.jpg

2人分
鶏もも肉皮なし60g 大豆水煮120g 玉ねぎ1/2個 にんじん60g トマト缶1/2缶 砂糖小さじ1 塩コショウ小さじ1/4 ブロッコリー100g


1鶏もも肉は皮をとり、2cm角に切る。玉ねぎ、にんじんも2cm角に切る。ブロッコリーは小房にわけ、さっとゆでておく。
2鍋に水1カップと玉ねぎ、にんじんをいれて、15分間煮込む。
32の鍋にトマト缶、砂糖、鶏肉をいれてさらに15分間煮込み、塩コショウで味を整え、ブロッコリーを加え全体が再び沸騰してきたら、火を止める。

 築地にある中央卸売市場の豊洲地区への移転に関しては、土壌汚染が深刻なことから反対意見が多数を占めています。もともと豊洲新市場の場所は東京ガスの私有地だった場所で、そこではベンゼンが環境基準の1500倍、シアンが490倍、ヒ素が49倍、水銀が25倍というふうに高い濃度が検出されています。地下水も同じく、高い濃度の検出があり、これをどのように処理してきれいな場所にするかということが大変な問題になっています。

植物の不思議

| コメント(0) | トラックバック(0)

 植物の仕事として光合成によって二酸化炭素からデンプンを作る。というしくみに関しては、多分小学校の頃からくりかえし理科の授業で教わってきているはずです。しかし、この二酸化炭素からデンプンを作る作業というのは、植物にしかできない崇高な仕事と考えることができるでしょう。


だし汁をたっぷり吸った高野豆腐がしみじみおいしい煮物です。薄味でじっくり煮含めていくのがポイントです。
0603.jpg


2人分
高野豆腐20g 鶏挽肉脂なし60g いんげん80g にんじん1/2本 玉ねぎ1/2個 醤油大匙1 砂糖大匙1 だし汁100cc
1高野豆腐はぬるま湯につけてもどしておく。インゲンはおしりの部分を少し切りおとし、適当な長さに切る。にんじん、玉ねぎは皮をむいて、一口大の乱切りにする。
2高野豆腐の汁気をしっかりしぼり、食べやすい大きさに切る。
3鍋ににんじん、玉ねぎ、だし汁、醤油、砂糖をいれ、火にかけ、沸騰してきたら、鶏挽肉をいれ、再び沸騰してきたら、高野豆腐をいれて、汁気が少なくなるまで煮込んでいく。

無糖ヨーグルト200g 牛乳100cc ゼラチン5g 甘味料適量
グレープフルーツ120g はちみつ大匙1 白ワイン大匙1

グレープフルーツから染み出してくる果汁と、はちみつ、白ワインが一体となり、美味しいソースを作り出してくれます。グレープフルーツは前日に皮をむき、はちみつと白ワインをかけてタッパーにいれておくと、グレープフルーツにもはちみつの風味が移り味わい深くなります。

1ゼラチンは水大匙2のなかに振り入れてふやかしておく。グレープフルーツは皮をむいて、
さやからだし、白ワインとはちみつをふりかけておく。
2牛乳を鍋にいれ沸騰直前まで温め、火をとめ、1のゼラチンをいれとかし、
ヨーグルト、甘味料を加えて、全体を良く混ぜる。
3好みの型に流しいれ、冷蔵庫にいれて冷やし固める。
4グレープフルーツを漬け汁ごとゼリーの上にのせる。

蒸しているのでとってもジューシー。豆腐の入った柔らかなおいしさの肉だねと、しいたけのおいしさを丸ごと味わえます。

0575.jpg

4人分
しいたけ10枚 片栗粉大匙1
鶏挽肉脂なし250g 木綿豆腐200g にんじん60g ひじき8g 万能葱200g 生姜すり卸少々  片栗粉大匙1
大根200g きくらげ10g 酒大匙2 塩小さじ1 醤油大さじ11/2
1人参は皮をむいて千切り、万能葱は小口切りにする。大根は皮をむいて短冊きり、ひじき、」きくらげは水につけてもどしておく。
2豆腐、鶏挽肉、にんじん、ひじき、万能葱、生姜の摩り下ろし、片栗粉をあわせ、全体がなめらかになるまで良く混ぜ合わせる。
3椎茸の軸を切り落とし、かさの部分に薄く片栗粉をまぶし、2の種をつめる。
4お皿に大根を敷き、3の椎茸をのせ、石づきをとったきくらげものせて、塩、酒をふりかけ、水大匙8もふりかけて、蒸気の上がった蒸し器で10分間蒸す。
5好みで醤油をつけて食べる。(ポン酢や和風ドレッシングなどもあう。)

 鬱病の原因は十分に解明されていませんが、肉体と精神のストレスをやわらげて脳内の不安をとりのぞくには、セロトニンが増えることによってその効果が達成されるというのが定説になりつつあります。そして、このセロトニンですが、不眠の関係で不足する傾向があります。日中の活動と夜の活動のリズムを狂わせるとセロトニンが減り、さらにストレスが増加することによっても減っていきます。したがって、一番簡単な予防方法は昼間太陽に当たってメラトニンを合成し、それが一部セロトニンに変わることを期待することです。


れんこんのカリカリとした歯ごたえが楽しめます。簡単に出来るたれですが、ちょっと脇に添えると、見た目も味もぐんとアップします。

0481.jpg


4人分
れんこん200g 豚挽き肉150g 長ネギ10cm長さ しょうがひとかけ しょう油小さじ1 塩小さじ1/4
卵1個 水1/2カップ 小麦粉1カップ 揚げ油
しょう油大さじ2 酢大さじ1 長ネギ10cm長さ
1れんこんは皮をむいて、5㎜厚さの輪切りにする。
2長ネギはみじん切り、しょうがはすりおろす。
3豚挽き肉に、長ネギみじん切り、しょうがの絞り汁、しょう油、塩を入れて手で良く練り混ぜる。
4れんこんの上に肉だね大さじ1程度をのせて、もう一枚のれんこんではさみ、軽く押さえる。
5卵と水をあわせよく溶き、小麦粉を加えてさっくりと混ぜる。4のれんこんに衣をつけて、170度の油にいれて中の肉に火が通るまでゆっくりと揚げていく。
6しょうゆ、酢、長ネギのみじん切りをあわせたものにつけながら食べる。

 コレステロールが高いとメタボリックシンドロームをはじめ、死亡率が高くなり、危険だというのは常識になりつつあります。一方でコレステロールが低すぎるとやはり問題だ。という調査が富山大学の浜崎智仁教授の研究であきらかにされました。これは以前からも各国で報告されていることですが、改めてそれを裏付けるデータが17万人の疫学データからとれたということは画期的なことです。

柔らかい玉子の中に、もずくの食感が楽しい玉子焼きです。もずくは酢の物に利用するだけではなく、加熱してもまた違う味わいが出ておいしくいただけます。

0434.jpg

4人分
塩蔵もずく100g 卵6個 だし汁大さじ4 砂糖大さじ2 塩小さじ1/2
大根20cm長さ しそ4枚くらい
1もずくはざるに入れて塩を落とすようによく水洗いする。
2たっぷりの水のなかにもずくを入れて10分ほどおき、ざるにあげて水気をきり、もう一度水洗いして、水気をきっておく。食べやすい長さに切る。
3 卵を割りほぐし、だし汁、砂糖、塩を入れて良く混ぜ、もずくをいれてひと混ぜする。
4フライパンを熱して油を敷き、卵液の1/3を入れて表面が乾いてきたら、くるくると端からおりたたみ、残りの卵液の半分量をフライパンの空いているところに流し、同様に表面が乾いてきたら、手前にむかっておりたたむ。もう一度繰り返す。
5まな板にとり、食べやすい大きさに切り、大根おろし、しそを添える。

淡泊なささみにごまをつけて食べ応えをアップしました。冷めても美味しいので、お酒のおつまみや、お弁当にもぴったりな1品です。焦げやすいので弱火でじっくりと焼いていきましょう。


0305.jpg



4人分
ささみ12本 醤油大さじ3 みりん大さじ1 ごま大さじ8 サラダ油少々
1ささみは筋をとり、醤油とみりんをかけてかるくもんでおく。
21の水気を軽くふきとり、ごまを全体にまぶし、手で全体を押さえごまを落ち着かせる。
3フライパンを熱しサラダ油を薄くしいて、2のササミをいれて弱火で全体に火が通るまでじっくりと焼いていく。

ゴーヤに塩をふることで、苦味が抑えられます。
パリパリ、苦味がお好きな方は切ったらすぐに炒めて下さい。
一気に炒めて熱々をいただきましょう。パワーがじわじわと沸いてきます。

ゴーヤは抗酸化力に優れた野菜で、体のむくみをとり、疲労回復に効果を発揮します。

0315.jpg


2人分
ゴーヤ1/2本 塩少々 油大匙1 
牛肉薄切り120g オイスターソース大匙1/2 醤油大匙1/2 酒大匙1/2 水大さじ1 
片栗粉小さじ1 塩少々
1ゴーヤは縦半分に切り、種をスプーンなどで取り出し、薄く切り全体に塩をふってしんなりさせておく。
2牛肉は3cm長さに切り、下味をもみこみ、片栗粉も振り入れてよく混ぜ合わせる。
3フライパンに油を熱し、牛肉をいれて炒め、肉の色が変わってきたら、ゴーヤをいれて、全体に油が回るまで炒め、火を止める。

 スターバックスがアメリカに進出し、世界に広まったことで一体何が変わったのかを考えてみると、いくつかの要素が浮かび上がってきます。現在、スターバックスで売られているコーヒーはショートサイズで3ドル、トールサイズで5、6ドル.....。これだけでも昔では考えられないほど高い支出をアメリカ人がコーヒーに払うようになったことがわかります。

ポトフ

| コメント(0) | トラックバック(0)

野菜をじっくりと煮込んで甘味を引き出します。1皿に野菜約300gが入っています。
ボリュームのある一皿で、栄養バランスもばっちり、
なのに、低カロリーとダイエット中の人にも嬉しい1品です。
たっぷりの食物繊維が体の中をきれいにお掃除します。
食べた翌朝には気持ちのいいお通じがあるはず!

0275.jpg


2人分
じゃがいも 2個 にんじん 1本 キャベツ 1/4個 セロリ 1本 玉葱 1個 豚ロース肉1枚
ローリエ 1枚 クローブ 2個 塩コショウ 少々 固形スープの素 1/2個
粒マスタード 適量
1じゃがいもは皮をむき、半分に切り、さっと水洗いし、ざるにあげておく。人参は皮をむいて、2つに切り、玉葱も皮をむいて半分に切る。セロリは筋をとり2つに切り、キャベツも2つに切る。豚肉は食べやすい大きさに切る。
2玉葱にクローブを刺し、鍋にいれ、1の野菜類をいれて、水4カップ、固形スープの素、ローリエを入れて火にかけ、沸騰してきたら、豚ロース肉を加え、蓋をして30分間煮込む。
3塩コショウで味を整え、火を止める。好みで粒マスタードをあしらう。

 テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」の中で最近流行の新商品を紹介するコーナーはトレたま(トレンドたまご)と呼ばれていて、とてもおもしろいコーナーです。

このアーカイブについて

このページには、2008年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年6月です。

次のアーカイブは2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。