haru.

照り焼き丼

黒米を使うと、いつもの照り焼き丼も何だかおしゃれに見えます。
黒米のプチプチとした食感も楽しく、食物繊維も多くて健康的なので、
女性には喜ばれるメニューだと思います。

0198.jpg


4人分
白米240g 黒米大さじ4 水430cc
鶏もも肉2枚 酒大さじ1 醤油大さじ2
砂糖大さじ2 醤油大さじ4 酒大さじ1
1白米と黒米は良くといでざるにあげ、鍋にもどして、水430ccを加える。ふたをして鍋を火にかけ、沸騰してきたら弱火にして12分加熱し、火をとめ10分蒸らす。
2鶏肉は下味用の醤油と酒をかけ、もみこむ。
3フランパンにサラダ油を熱し、2の鶏肉を皮目を下にしていれ、皮目に焼き色がついたら、裏返し、弱火にしてふたをし、じっくりと焼いていく。
4たれの材料をあわせ、3の中にいれてたれにとろみがつくまでときどき鶏肉の上下を返しながら加熱していく。
5ごはんを丼に盛り付け、食べやすい大きさに切った鶏肉をのせ、たれをかける。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/832

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)