haru.

ラタトウイユ

野菜の水分だけでじっくりと煮込んでいくので、野菜の自然な甘味、旨味がぎゅっと凝縮されています。多めに作って冷蔵庫で保存すれば、2,3日食べられます。パスタとあわせたり、温めなおして卵と合わせたりと工夫次第でいろいろとバリエーションが広がります。

0899.JPG
2人分
玉葱1/2個 トマト2個 なす1本 ピーマン1個 セロリ1本 パプリカ1/2個 にんにく1/2片 オリーブ油小さじ2 ローリエ1枚 塩こしょう小さじ1/3


1玉葱は皮をむいて、乱切り、セロリ、なすも乱切り、パプリカ、ピーマンは種を取り、乱切りにする。トマトはざく切りにする。にんにくは薄切りにする。
2鍋にオリーブ油を熱し、にんにくをいれて香りがたってきたら、玉葱、セロリをいれて軽く炒め、なす、パプリカ、ピーマン、ローリエ、塩こしょうもいれて、ごく弱火にして、30分ほど煮込んでいく。(野菜の水分だけで煮ていくので焦げないように注意する)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/806

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)