haru.

女性に優しいイソフラボンたっぷり黒豆料理

黒豆の色素、アントシアニンは抗酸化物質で、活性酸素のダメージを抑えて、健康な細胞やサラサラの血液をつくります。その結果、血行を良くし、冷え性や荒れた肌を改善します。また食物繊維も多く含まれ、余分なコレステロールや脂質を排出して肥満や高脂血症にも効果的です。更年期障害の改善、骨粗鬆症の予防にも効果的なイソフラボンも豊富です。

%E8%B1%9A%E8%82%89%E3%81%A8%E9%BB%92%E8%B1%86%E3%81%AE%E7%85%AE%E7%89%A9


[黒豆と豚ひれ肉の煮込み]

黒豆の甘煮がこっくりとしたコクを豚肉に与えてくれるので味が簡単に決まります。オレンジ風味が味に奥行きを加え、後を引くおいしさ。

2人分
黒豆甘煮80g 豚ひれ肉200g 醤油大匙1 生姜すりおろし少々 オレンジジュース100cc 
赤ワイン大匙2 ケチャップ大匙1
1豚ひれ肉には醤油と生姜のすりおろしをあわせたものをまぶしておく。
2鍋に1の豚ひれ肉、オレンジジュース、赤ワイン、黒豆甘煮、水100ccをいれて中火にかけ、ふたをして20分ほど煮込み、汁気が多いようなら強火にして汁気をとばす。
3肉が冷めたら食べやすい大きさに切る。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/796

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)