2008年1月アーカイブ

 ある日の進路相談で、突如英語音痴のP-チャンが留学したいと言いだし、先生にすらあきられたのは夏のこと。それからも、相変わらず勉強らしい勉強はさせず、私の信念の下、【英語に意識】をさせて半年がたちました。
 しかし、この半年で、P-チャンのリスニング能力は格段に伸び、同時に英語が早く読めるようになりました。これで、とりあえず基礎段階は修了です。

 そこでいよいよ、英語で聞いたことを、日本語ではなくイメージでつかみ、英語で即答する訓練に移ることにしました。そのために選んだ教材は「メリス英語」。簡単な英語の質問に、単語で答えるという、ただそれだけの単純な教材です。

【メリス英語】
例えばLesson1は
Choose either Mt.Fuji or Tokyo Tower.Which is lower?
4 minus 2 is 2.What is 3 minus 1?
と言った具合。
それでも、最終的には
Which is the direction the sun sets in,the east or the west?
What do we call a piece of writing that is intended to be acted in a theatre or on radio or television? It starts with a “p”.
これくらいになります。

 いずれにしても簡単な内容ばかり。でも、いちいち日本語に訳して考えていたのでは、答えが間に合わないのです。言われた英語を、言われた順に頭の中でイメージして、答えを即答!!
 答えられそうで、答えられない。日本語にしてしまえば、幼稚園児でも分かるような他愛もない答え。こうなると、他の人に答えられないよう、即答することがポイント! これが意外に面白く、我が家では夕食後、家族全員よってたかって、先を争って答えを言うようになってしまいました。もう全員、聞き漏らすまいと真剣です。
 英語の勉強が、こんなに楽しくていいのでしょうか? いつしか、「メリス英語」タイムは我が家の憩いの時間となりました。

 すでにお話しした、世の中にあふれる英単語達。これを何とか効率よく自分の頭にとどめておこうと、P-チャンは手のひらサイズの手帳を持ち歩くようになりました。
 ここに、耳や目にした英単語を、いつどこでどんなシチュエーションで捕獲したかというコメントと一緒に書き出しておくのです。関連する単語も調べておきます。

【ある一日の単語帳】
hypo-
退行・過少(TV「医龍」紹介番組で)
versatile
多芸な・多目的な(DVDのV)
digital versatile disk
go digital デジタル化する
behave
ふるまう(亀田の海外ニュースタイトルで)
Behave yourself! 行儀良くしなさい
scapegoat
身代わり(亀田のTVニュースで)
scape 花茎・柱
goat  ヤギ・悪人・愚か者

 その場で綴りが分からず、発音をメモしておいて、後でゆっくりと辞書で探すことも多いので、このメモ帳は大変役立ちます。場合によっては、発音から単語が見つけ出せないときもあるようです。
 P-チャンいわく
「英単語を見つけたシチュエーションも書いておくと、単語帳を見直したとき、その単語と出会ったシーンが甦ってきて、単語のイメージがわきやすくなるよ」

 P-チャンは、手帳そのものにも愛着が持てるように、数日雑貨屋を探し回って、可愛い手帳を購入したのです。

 単語帳に収集する単語は、毎日10個が目標! これは、案外意識を高めて耳をすまさなければ見つけられない数字です。
「一日5個までは、簡単に出会うんだけどね。10個集めようと思うと、POPSもたくさん聴かないとダメなの」

ジェノワーズ

| コメント(0) | トラックバック(0)

そのままカットして、ジャムやチョコレートソースを添えても、生クリームで飾りつけをすれば立派なケーキに仕上がります。冷凍も出来るので、余ったものはラップにぴっちりとくるんで冷凍庫へ、必要な時に自然解凍して使ってください。冷凍庫の状態にもよりますが、3週間くらいは大丈夫です。
18cmのケーキ型1台分の基本分量で、10cmのケーキ型2台作れます。10cmのケーキ型にデコレーションする場合は生クリーム200ccで十分足りま%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8E%EF%BD%97%EF%BC%8D%E3%82%BA.jpg
す。


ジェノワーズ
下準備
卵は室温にもどしておく。
薄力粉はふるう。
バターは溶かしておく
型に紙を敷いておく。
オーブンを170度に温める。

薄力粉90g
卵3個
砂糖90g
バター30g
1卵はボウルにわりほぐし、砂糖を加えて、良く混ぜ、湯煎にかけて、全体がもったりとして白っぽくなるまで、あわ立てる。(ハンドミキサーの高速で5分程度)
2湯煎からはずし、ハンドミキサーの中速で2分ほどあわ立てる。
3ふるっておいた薄力粉の半分量をいれて、ゴムベラで切るようにさっくりと混ぜる。ある程度まざったら、残りの粉をいれて粉がみえなくなるまで混ぜる。
4ヘラの上に溶かしバターを受けて、全体に良く混ぜる。バターが完全に混ざり、てかりが出てくるまで。
5型に流し、170度で30分ほど焼く。10cm型は20分
6網の上にのせ、紙をはがして、粗熱をとり、ビニール袋などにいれて、完全に冷めたら、デコレーションなどをする。

 英語を母国語にしない日本人にとって、案外「前置詞」の使い方は難しいものです。文法的には分かっていても、イメージとして、心の中から涌き出てこない。

 先日、P-チャンは
「我が家の愛犬は、毎晩、母の腕枕で寝ているよ」と、ホームステイ先(ロンドン)のおばあちゃん(イギリス在住のドイツ人大家さん←イギリス人と結婚して、3人の子どもを育て上げ、もう50年以上もロンドンに住んでいる素敵なおばあさん。料理好きで、ペット大好き! 孫もたくさんいます。ロンドンの大学に無事合格したP-チャンはこのお宅に、3月からホームステイします)に伝えたくて、『腕枕』を辞書で引いてみました。

 『腕枕』は『pillow rest one’s head on one’s arm』となっています。
これを使って、P-チャンは
「He(その前に犬の話しをさんざんしているので、ここはheで・・・)uses pillow his head on her arm,every night.」とメールをしたところ、
なるほどと言うことで
「He uses her arm as a pillow for his head.」ね。と添削してくれたのです。

 そうか・・・「腕枕をする」のではなく、彼女たちの感覚では「枕として使用している」のです。『として=as』、しかも頭のために『ために=for』
 言われればなるほどですし、別に簡単なことなのですが、その感覚が違う。その微妙な感覚に、すごく感動しているP-チャン!!
 でも、それに感動できるほど、P-チャンは英語が感覚で身についてきたと言うことなのね。それにもちょっと感動!!

 お金を掛けなくても、親が英語を話せなくても、その気になれば、たった1〜2年でバイリンガルになれるモノなんですね。

先日、久しぶりに井上ひさしのこまつ座の公演を新宿で見ました。さほど期待して見に行ったわけでもなかったのですが、ストーリーの緻密さ、そして二人の落語家を演じた角野卓造と辻萬長の演技のうまさに思わず引き込まれてしまいました。芸風も性格も正反対の二人が満州で地獄の中に閉じこめられたストーリーです。

 このオペラはニューヨークで初演されている、21世紀を象徴するかつてないスケールとスペクタクルを兼ね備えた、北京発のグローバルなオペラです。NHKBSハイビジョンで見ました。前にもほとんど終わりかけるところを5分みただけで興奮するほどインパクトがあったので、3.5時間の長編を今回は十分に堪能しました。

このアーカイブについて

このページには、2008年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年12月です。

次のアーカイブは2008年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。