haru.

けしの実入りテーブルパン

ごくごくシンプルな配合のパンですが、雑穀をいれることでもっちりとした仕上がりになります。小麦胚芽やごまを入れてもっちりとした仕上がりになります。あんぱんをつくるために購入したけしのみが沢山あったので、今回はそれを入れてみました。けしの実の香りが香ばしい。そのまま食べてもおいしいけれど、具をはさんでサンドイッチにするとパンの香ばしさが引き立ちます。
pan.jpg


8個分
強力粉200g けしの実大さじ1 バター6g スキムミルク4g 砂糖4g 塩3g
水140cc イースト3g

1強力粉をボウルにいれ、スキムミルク、砂糖、塩をいれてざっとまぜ、イーストをいれて軽く混ぜ、粉類の真ん中にくぼみをつくり、水を少しずついれていく。
2水と回りの粉をすこしずつ指でなじませながら、全体をこねはじめ、手の平全体を使って力をいれて、10分ほどこねていく。最初は生地がべとつくがだんだんとまとまってくる。バターをいれてさらに5分ほどこね、生地をきれいにまるめなおして、ボウルにもどしラップをして温かい場所に40分ほどおいて発酵させる。(オーブンを200度に設定して1分温め、スイッチを切った中に入れておいても良い。)
32の生地を8等分し、生地を丸めなおし、乾燥しないようにタッパーなどにいれて20分間生地を休ませる。
4生地を麺棒で楕円形にのばし、両端から真ん中にむけて生地を折りたたみ、それをさらに2つに折り合わせ目を指でつまんでぴったりとつけていく。両手のひらで何回かころがし、コッペパン型に整え、天板の上に間隔をあけてのせ、乾燥しないようにビニールなどをかぶせて温かい場所に30分ほどおいて発酵させる。
5はさみで上面3箇所に切り込みを入れて180度に温めたオーブンで12分間焼く。焼きあがったら網の上にのせて粗熱をとる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/757

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)