haru.

リンゴのタルトレット

さっくさくのタルト生地からとろりとながれるなめらかなクリーム、りんごのさわやかな風味がとびっきりの美味しさを醸し出します。2個、3個と食べられそうなさわやかなタルトレットです。タルト生地は多めに作って冷凍しておけば、使いたいときにすぐに使えて便利。上にのせるものは、栗や、いちご、洋ナシ、オレンジとお好みで工夫してみてくださいね。
まるごとベリーのお菓子 24ページ 74ページ 参照にしました。


タルトレット8個分%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%88.jpg


タルト生地
バター100g 粉砂糖40g 溶き卵大さじ1 薄力粉150g 塩ひとつまみ

クレームパティシエール
卵黄1個 砂糖20g 薄力粉5g コーンスターチ5g 牛乳100cc 洋酒かバニラエッセンス少々

クレームシャンティ
生クリーム100cc 砂糖大さじ1 

仕上げ
リンゴ1個 砂糖大さじ1
アンズジャム適量

*バター、卵は室温にもどす
*小麦粉はふるっておく
*りんごは皮をむき8等分し、砂糖、水大さじ1をいれて5分ほど煮て、冷ましておく。

タルト生地
1ボウルにバターを入れ、泡だて器で良く練り混ぜ、なめらかになったら粉砂糖、塩をいれて良く混ぜる。
2溶き卵を加えて良く混ぜる。
3小麦粉を加えて、ゴムベラでさっとまぜ、ポリ袋にいれて全体をまとめ平らにし、冷蔵庫で1時間休ませる。
4生地を3㎜厚さにのばし、生地全体にフォークで穴をあけ、タルトレットの直径より、少し大きめに型でぬくか、ナイフで切る。
5タルトレット型に抜いた生地を沿わせ、しっかりと敷き込む。
6一度冷蔵庫にいれて生地を落ち着かせる。(約15分)
7170度に温めたオーブンで15分焼き、型からぬき、網の上にのせ、粗熱をとる。

クレームパティシエール
1卵黄に砂糖をいれて良く混ぜ、粉類もいれて良く混ぜる。
2牛乳を沸騰直前まで温め、1にいれて素早く泡だて器で良く混ぜる。
3万能こしきでこしながら、鍋にもどし、かきまぜながら中火にかけ全体がふつふつと沸騰してきたら火をとめ、バニラエッセンスが洋酒を加える。
4バットに広げ、ラップをぴったりとして、底を氷水につけて冷ます。
5生クリームに砂糖をいれて8分立てにする。
6クレームパティシエールがすっかりと冷めたら、ボウルに移し、へらで柔らかくなるまで練り、生クリームを加えてなめらかなクリーム状にする。

仕上げ
タルトレット型にクリームを詰める。
リンゴの甘煮を形良くのせる。
温めて緩めた(レンジに少しかけると良い)アンズジャムを刷毛で塗る。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/748

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)