haru.

山型食パン

%E9%A3%9F%E3%83%91%E3%83%B3.jpg

パン作りは、やり始める前は何だか面倒くさそうだし大変そうだと思いますが、コツをつかんでしまえば工程の多いお菓子作りよりも簡単です。完成まで時間はかかりますが、発酵時間などの空き時間が結構あるので、その間は他の事をすることが出来るのも良い所。何より、手づくりのパンは香り高く美味しい。水分量が多いと成形が難しいのですが、しっとりとしたパンに仕上がります。発酵温度が高くならないように気をつければ、焼きあがってから2.3日はしっとりと柔らかなパンが楽しめます。国産小麦や、グルテン含有量の多いものなど、多種類の強力粉が出回っているので、いろいろ使い比べて自分好みのものを見つけてください。私が現在好んで使っているのは、北海道産小麦粉のキタノカオリ(黄色っぽく、もちっとした食パンに仕上がる)やはるゆたかブレンド(小麦の香りが感じられる)です。この生地に、胚芽を加えたり、チョコシートを折り込んだりして、アレンジしても楽しいですよ。

1斤1本分
強力粉250g 砂糖15g 塩5g スキムミルク15g バター10g イースト5g 
水170cc
1強力粉、砂糖、塩、スキムミルクをボウルに入れて良く混ぜる。イーストを加え全体を混ぜる。
2粉類の真ん中にくぼみをつくり、水をいれて全体がひとまとまりになるまでこねていく。(約5分)
32の中に適当な大きさにバターをちぎりながらいれ、さらにこねる。(約10~15分)
4生地を丸く丸めなおし、ラップをして、温かい場所におき、生地が約2倍の大きさになるまで40分発酵させる。
54の生地を2等分して、1つずつ生地を丸めなおし、乾燥しないようにタッパーなどにいれて20分ベンチタイムをとる。
65の生地に麺棒をかけて楕円形にのばし、端からくるくるとまるめてから、生地を丸くなるように丸めなおし、油を薄く塗った型にいれて温かい場所におき型から生地が1cmほど出るまで発酵させる。(約40分~60分くらい)乾燥するようだったら時々霧を吹いてあげると良い。
7180度に温めたオーブンで25分間焼き、焼きあがったらすぐに型からだし、網の上にのせてさます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/742

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)