haru.

WSF2007 当たり前の家に住みたい

 2007年5月24日(木)WSF2007が開催されます。

 WSF(女性科学社健康会議)は、人間の健康問題を女性の立場から地球レベルで考え続けています。
 近年、一般住宅でもシックハウス症候群が深刻化しています。それは、住宅に使用される新建材が発する化学物質によるものと解ってきました。突然、呼吸困難に陥ったり、過呼吸症候群を引き起こして生命の危機を招いたりする化学物質症候群はアメリカばかりでなく、日本国内でも急増しています。

 第9回目を迎える今年の」WSF2007は「もっと健康になれる、当たり前の家に住みたい~シックハウス症候群にならないために~」をテーマに開催いたします。
 第1部
 基調講演「予防医学的立場からみた健康と住宅」 第2部は、テーマの「もっと健康になれる、当たり前の家に住みたい~シックハウス症候群にならないために~」を皆様と共に考えるトークライブ。
 第3部
 一級建築士でもある、歌手すがはらやすのりさんの「愛する家、わが街、そして愛」と題する名曲コンサートをお届けします。21世紀の健康をともに考えるWSF2007。ご多忙と存じますが、ぜひお出かけ頂ければ幸いです。

共同主催:ラジオ日本

wsf2007_01_small.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/718

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)