haru.

鳥インフルエンザの恐怖2(感染症の定義)

感染症の定義
まず、はじめに感染症の定義について見ていきましょう。

新感染症 人から人に伝染すると認められる疾病であって、即知の感染症と症状などが明らかに異なり、その伝染力及び罹患した場合の重篤度から判断した危険性が極めて高い感染症。一類に準じた対応。
一類感染症 感染力、罹患した場合の重篤性等、危険性が極めて高い感染症。原則入院
二類感染症 感染力、罹患した場合の重篤性等、危険性が高い感染症。状況に応じて入院
三類感染症 危険性が高くないが、特定の職業への就業によって感染症の集団発生を起こし得る感染症
四類感染症 人から人への感染はほとんどないが、動物、飲食物等の物件を介して感染するため、動物や物件の消毒、廃棄などの措置が必要となる感染症
五類感染症 国が感染症発生動向調査を行い、必要な情報を一般国民や医療関係者に提供・公開していく事によって、発生・拡大を防止するべき感染症
指定感染症 既知の感染症のなかで一〜三類に準じた対応の必要が生じた感染症(政令で指定、1年限定)

新感染症というのは一番上にある通りで、一類感染症は次に出てきますが、エボラ出血熱など非常に重い病気で原則入院です。三類感染症はO157とかが含まれていて、これにかかった場合、調理の仕事をしてはいけないということが指定されている感染症です。最後に指定感染症というのがありますが、鳥インフルエンザがここにあたります。新型インフルエンザが発生した場合にはウイルスが確定次第、速やかに感染症法に基づく感染症に政令指定を行うという事になっています。

感染症分類
これが法律で決められている、先ほどの分類に当てはまるものですが、一類感染症というものは一番危険な感染症でエボラ出血熱,クリミア・コンゴ出血熱,ペスト,マールブルグ病,ラッサ熱 重症急性呼吸器候群(病原体がSARSコロナウイルスであるものに限る) 、天然痘などです。
二類感染症は一類に次ぐ危険性を持ったもので、急性灰白髄炎,コレラ,細菌性赤痢,ジフテリア,腸チフス、パラチフスなどです。昔の伝染病予防法だとこのような赤痢やコレラは即入院という事になっていたのですが、新しい感染症法になってからは特にひどい時だけ入院するようになりました(入院率10%程)。
三類感染症は腸管出血性大腸菌感染症(O157)で、四類感染症はウエストナイル熱,黄熱,オウム病,回帰熱,Q熱,狂犬病,腎症候性出血熱,炭疸,デング病,日本紅斑熱,日本脳炎,発しんチフス,マラリア, 鳥インフルエンザなどです。鳥インフルエンザはここに入ります。
五類感染症はアメーバ赤痢,ウイルス性肝炎 クロイツフェルト・ヤコブ病 、後天性免疫不全症候群, 先天性風しん症候群,梅毒,破傷風,インフルエンザ(高病原性鳥インフルエンザを除く ),水痘,百日咳,風しん,麻しん,流行性耳下腺炎などで、従来のインフルエンザはここに入ります。

感染症法の特徴
旧伝染病予防法は、患者は一律に強制的に隔離されることになっていました。これに対して、新しい法律では、保健所長が入院を勧告し、患者本人の同意を得て入院させることを原則としています。しかし、患者が入院勧告に従わない場合は、72時間強制的に入院させることができます。その後は十日間ごとに入院期間を延長でき、入院延長の当否について審議する診査協議会を保健所ごとに設置することになっています。強制入院させられた患者の人権を保障する手段として、強制的な入院を求めた場合妥当性があるかどうか、人権が侵害されていないかどうか、第三者の診査協議会が審議をするという規定も盛り込まれているわけです。
 この他、国内や海外の感染症の動向を把握する監視体制を強化することによって、感染症の発生・拡大を抑え込む「事前対応型の行政」を目指しています。新しい法律でいろいろと前進がみられました。
(1)人権を尊重して、患者の同意を得て入院させることを原則としていることで一律に隔離されることはなくなり、強制的な入院も例外になると予想されます。
(2)国や自治体に対し、「感染症の予防のための情報を積極的に公表しなければならない」としているところも、薬害エイズ事件の教訓がこうしたところに生かされたということがいえます。
 患者・感染者を社会から切り離すという視点に立つのではなく、人権を守りつつ、感染症の発生拡大を防ぐことができるようにするため、法律の運用についてチェックが必要だと思います。        

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/703

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)