haru.

バリ編:レシピ(ガドガド)

バリに着いた次の日、海辺に近い「ブンブ・バリ」レストランでの料理教室。前日ウブドの宿に着いたのが12時過ぎだったのに、朝の4時にお迎えが来て、現地についたのが、6時前、

真っ暗な中、1人ベンチに座って待ち、その日の料理教室参加者全員がそろったのが8時前・・そこから市場に出かけて香辛料やら、鶏肉についての説明を聞く。今日の参加者約12名、全て英語圏の人だった なので、説明も授業も英語オンリー。説明も指示された事もわかる(多分?)のだけれど、たわいない会話!これが出来ない。この料理教室は盛り沢山で朝市を見て、その後、海に面する魚市場を見て、ブンブ・バリへ。お菓子やフルーツをのんびりと食べて、やっと料理教室開始。料理教室?というくらいの大量、多種類のソースを仕込んでいく。これって、レストラン用のものを作らされているのだろうか?料理もソースを含めると20種類くらいを作るので、まだ作るのーという感じだった。シャイで何もしゃべらないと思われていた日本人は豚肉の串刺しのときに突如目覚め、すごいスピードで串刺しを完成させた。「そういえば、日本には焼き鳥があったよね。」という声もどこからか 聞こえてくる。数多くの手順、暑さ、襲来してくる蚊の攻撃にすっかり疲れきったころ、全ての料理が出来上がった。どれも美味しかったけれど、調理の間中、匂いをかいでいたので、あまり感激はなかった。そして、たわいのない会話をひたすら聞いて、夕方ようやく解散。お迎えに来てもらった宿の人がなんだかとっても懐かしく思えたのでした。


ガドガド (インドネシア風サラダ)
  こくのある甘辛いピーナッツソースで温野菜がたっぷりと食べられます。
材料(4人分)
いんげん100g もやし100g ほうれん草100g キャベツ100g 
ドレッシング
ピーナッツ80g にんにく1片 唐辛子1/2本 しょうゆ大さじ11/2 黒砂糖大匙1 湯大さじ1

作り方(4人分)
(1)野菜類はゆでて食べやすい大きさに切る。
(2)ピッナッツ、にんにくはみじん切りにし、唐辛子は種をのぞいて、みじん切りにする。
(3)(2)にしょうゆ、黒砂糖をあわせてよく混ぜる。
(4)ゆでた野菜とピーナッツソースを和える。
ゆでたジャガイモや、ゆで卵、厚揚げなどを盛り合わせて、ピーナッツソースを上からかけてもよい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/665

この一覧は、次のエントリーを参照しています: バリ編:レシピ(ガドガド):

» TBキャンペーン♪ 送信元 懸賞大好きっ子
 いま、haru(あなたの生活を科学と知恵でサポートする)では、 トラックバックキャンペーンを実施中です♪ 早速、私も参加させて下さい♪ 料理研究家渡辺真... [詳しくはこちら]

コメント (1)

こんにちは♪
早速参加させていただきました!
美味しいレシピ♪ありがとうございます♪

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)