haru.

バリ編:レシピ(鶏肉のココナッツ風味カレーなど三品)

バリでは全て生の香辛料を使っていましたが、日本で作りやすいように多少アレンジしてあります。

オポールアヤム(鶏肉のココナッツ風味カレー) 写真右
・・・ココナッツミルクの甘い香りとまろやかなカレー風味が食欲を刺激してくれます。

[材料(4人分)]
鶏もも肉500g 塩小さじ1 こしょう少々
カレー粉大さじ1 唐辛子1本 しょうが1かけ 砂糖小さじ2 ナツメグ少々 サラダ油大さじ1
ココナッツミルク400g (1缶)

[作り方]
(1)鶏もも肉は一口大に切り、塩コショウ、カレー粉をまぶしておく。しょうがはみじん切りにする。唐辛子は種をとり、輪切りにする。
(2)鍋にサラダ油を入れて火にかけ、しょうがを入れて、香りがしてきたら、唐辛子、鶏肉をいれて、鶏肉に火がとおるまで炒める。
(3)2の余分な油をすて、ココナッツミルクを注いで、10分間煮込む。
(4)砂糖を入れ、あればナツメグ少々を入れる。味をみて、好みで、塩コショウ、砂糖をたす。
ごはんやパンと一緒にどうぞ。


豚肉のサテ 写真真ん中
・・・香ばしく焼けた甘辛いたれがおいしい。日本人なら誰でも好きな味だと思います。
[材料(10本分)]
豚肉かたまり300g
にんにく3片 玉ねぎ1/4個 唐辛子1本 こしょう少々 ピーナッツ大さじ2 しょうゆ大さじ1 黒砂糖大さじ1 (砂糖でも良い)

[作り方]
(1)豚肉は1cm厚さ、2㎝長さくらいに切る。にんにく、玉ねぎはみじん切り、ピーナッツもみじん切りにする。唐辛子は種を除いて、みじん切りにする。
(2)1の調味料、黒砂糖、しょうゆを合わせて良く混ぜる。(全てをフードプロセッサーにかけると簡単)
(3)豚肉に調味料をかけて全体を良く混ぜ合わせる。
(4)3を竹串にさして、たれが焦げやすいので弱火のコンロやグリルでじっくりと焼き上げる。


本来は、インドネシアでよく使われている調味料の、えびを発酵させて作ったペーストを使います。日本ではあまり見かけないので、ナンプラーで代用しました。

ウラップ・カチャンパンジャン(インゲンのサラダ) 写真右上
・・・おつまみにもぴったり、風味豊かなサラダです。
[材料(4人分)]
にんにく2片 唐辛子1/2本 こしょう少々 塩少々 ナンプラー小さじ1/2 レモン汁大さじ1 ターメリック少々 インゲン250g ココナッツフレーク50g 玉ねぎ1/4個 油大さじ1

[作り方]
(1)にんにくはみじん切り、唐辛子は種を取り除きみじん切りにする。ナンプラー、ターメリック、塩、こしょう、にんにく、唐辛子をあわせてよく混ぜる。
(2)玉ねぎは薄くスライスする。フライパンに油を熱し、玉ねぎをいれて、茶色く色づくまで炒め煮にする。玉ねぎを取り出した後のフライパンにココナッツフレークをいれて、弱火で全体が薄く色づくまで炒める。
(3)いんげんは茹でて、1cm長さに切る。
(4)フライパンに1の合わせ調味料、インゲン、ココナッツフレーク、水100ccをいれて火にかけ、汁気が少なくなってきたら、玉ねぎをいれて、全体が再び沸騰したら、レモン汁をいれてひと混ぜし、火を止める。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/655

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)