haru.

子供が自分でインシュリン注射

アメリカ、ヨーロッパではGI(血糖指数)コントロールやGL(血糖付加指数)コントロールが食事指導の中に導入され、日本以上に糖尿病での食事に新しい方向性が出てきている。


まだ日本ではGIもGLも積極的に導入されていないのは残念なことだといえる。しかし、アメリカ滞在中にテレビを付けると、製薬会社とその広報のCMが1日5、6回以上流れているのだが「私は糖尿病。でも注射が全然痛くないから、これなら一生安心して注射し続けることができる」という6歳〜10歳ぐらいの小児糖尿病の子供たちがにっこり笑って痛くない注射針を使って自分でコントロールをしている姿を見かけることが多かった。ここでは食事をコントロールしようという話は全く出てこず、糖尿病になったら後は医者の指示に従って、投薬とインシュリン注射を一生続けていくんだよという刷り込みがされているような気がした。
 インシュリン注射や投薬で本当に糖尿病の危険が去るのかどうかが問題なのだが、そうではないという研究データーがでているのだ。1998年のこの調査は10年間にわたって4209例という史上最大規模で行われたもので、その結果は世界中の糖尿病研究者から最も権威あるものとして信頼されたものである。
 結果からいえば、インシュリン注射を中心とした半分のグループと食事管理の穏やかなグループとで10年後の合併症の結果を見ると、インシュリン注射と薬の糖尿病治療では、腎臓透析になったり失明したりする危険は減るが脳梗塞になったり心筋梗塞になったりすることによって死ぬ危険は減らない。つまり、この研究は、空腹時血糖値を低くコントロールするという従来の治療方針では、糖尿病の患者さんが最も恐れている、合併症による死の危険を少しも減らしていないということを立証してしまったのである。小さいうちからインシュリン注射だけが唯一の管理方法だという方向に大衆の考えをリードしていくとやっぱり製薬会社は儲かってしまうのかなと考えさせられます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/645

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 子供が自分でインシュリン注射:

» 子供が自分でインシュリン注射を読んで 送信元 ちゃみのぼやき☆懸賞生活☆
製薬会社とその広報のCMで私は糖尿病。でも注射が全然痛くないから、これなら一生安心して注射し続けることができる」という6歳〜10歳ぐらいの小児糖尿病の子供... [詳しくはこちら]

» 子供が自分でインシュリン注射を読んで 送信元 ちゃみのぼやき☆懸賞生活☆
製薬会社とその広報のCMで私は糖尿病。でも注射が全然痛くないから、これなら一生安心して注射し続けることができる」という6歳〜10歳ぐらいの小児糖尿病の子供... [詳しくはこちら]

» 子供が自分でインシュリン注射を読んだ感想 送信元 summer2006の日記
6歳〜10歳ぐらいの小児糖尿病の子供たちが にっこり笑って注射を自分で打っているなんて、 想像しただけでもゾッとする位、異様な光景ですね。 本当なら食事... [詳しくはこちら]

» アメリカの子供たち★ 送信元 いろいろ日記
アメリカの子供たちの中で毎年多くなっている病気知ってますか?? それは糖尿病です。 日本では大人の病気と思われがちですがアメリカでは子供たちが... [詳しくはこちら]

» 子供が自分でインシュリン注射 送信元 ポチの犬小屋
haruさんの記事、「アメリカ人はなぜ太ったのか?」を読ませていただきました。 私自身、ダイエットにはすごく興味があり、太るという単語には敏感です。 ... [詳しくはこちら]

» 子供が自分でインシュリン注射 送信元 ☆お気楽な日記帳☆
haruさんの記事「アメリカ人はなぜ太ったのか?」を読ませていただきました。 「私は糖尿病。でも注射が全然痛くないから、これなら一生安心して注射し続ける... [詳しくはこちら]

» 子供が自分でインシュリン注射を読んで 送信元 fumifumiのミーハー懸賞日記
子供が自分でインシュリン注射読んで、考えさせられました。私は子供のころから父が糖尿病で入退院を繰り返している姿をみていました。父はこの記事の小児糖尿病の子... [詳しくはこちら]

» 子供が自分でインシュリン注射を読んで 送信元 fumifumiのミーハー懸賞日記
子供が自分でインシュリン注射読んで、考えさせられました。私は子供のころから父が糖尿病で入退院を繰り返している姿をみていました。父はこの記事の小児糖尿病の子... [詳しくはこちら]

» 「子供が自分でインシュリン注射」を読んで・・・ 送信元 とん吉の日記
子供が自分でインシュリン注射を読んで・・・最初に思ったことは・・・日本では、という前に、自分自身の中の価値観では考えられないことだなと。日本でも「糖尿病」... [詳しくはこちら]

» 子供が自分でインシュリン注射 送信元 ケロケロ懸賞日記+育児奮闘記
アメリカでは子供が自分でインシュリン注射を打っているそうです。 しかも、TVのコマーシャルでは6〜10歳くらいの子供達が にっこりわらって注射を打っている... [詳しくはこちら]

コメント (1)

子供の糖尿病患者に対し、食事をコントロールしようという話は全く出てこず、糖尿病になったら後は医者の指示に従って、投薬とインシュリン注射を一生続けていくんだよという刷り込みがされているような気がした。というところに恐ろしさを感じた。米国では、貧富の差が激しいが低所得者ほど肥満率が高いと聞く、日本も格差が確実に広がっている心配でならない。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)