haru.

居住家屋内のマイナスイオン環境における
ダニ数定量の増減2002(296kb)

居住家屋内のマイナスイオン環境におけるダニ数定量の増減2002(296kb)

昨年度に引き続いての実験である。昨年実験で使用した各部屋には、その後1 年間にわたりマイナスイオンを発生する家庭用空調機(東芝大清快Prazma ion )を設置・使用してもらい、通年・長期にわたる室内のマイナスイオン環境とダニ数の増減との関連も確認する。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://haru.dr-sugahara.net/mt/mt-tb.cgi/630

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)