2002年10月アーカイブ

大豆とイソフラボンの生理活性 PMS/更年期愁訴と女性ホルモン(256kb)

更年期の閉経によって女性の体のなかのエストロゲンの分泌は減少していきますし、若年層でも様々なストレスや無理なダイエットなどによってエストロゲンの分泌は抑えられてしまい、生理の不順や様々な女性特有の愁訴を呈するようになります。

この少なくなってしまったエストロゲンと、同じような働きをする成分が、私たちの身近な食品の中で発見されています。それが、豆腐などの大豆食品に多く含まれるイソフラボンなのです。

このアーカイブについて

このページには、2002年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2002年2月です。

次のアーカイブは2002年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。